&Renoトップ リノベーションのハウツー 白いフローリングでおしゃれなお部屋に。きれいに保つためのポイントとは?

白いフローリングでおしゃれなお部屋に。きれいに保つためのポイントとは?

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/5191

白いフローリングでおしゃれなお部屋に。きれいに保つためのポイントとは?

フローリングには、白系やナチュラル系、ダークブラウン系など様々な色味があります。インテリアの中でも面積の広い床の色を選ぶ際は、悩むことも多いでしょう。

今回は白系のフローリングについて、そのメリットやデメリット、そして掃除のポイントについてご紹介します。さらに、白系のフローリングにすることで部屋の印象はどうなるのか、事例も交えてみていきましょう。

事例:いろとりどりの住まい

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

白いフローリングのメリット・デメリット

白いフローリングには、部屋の印象や機能面などでどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。それぞれみていきましょう。


メリット

まず、部屋が明るく見えます。日当たりが悪く、昼間の暗さが気になる部屋にもおすすめです。家族が集まるリビングや、子供部屋にも使いやすい色でしょう。さらに、白系は開放感がある印象を与えるため部屋が広く見える効果も期待できます。広い部屋だけでなく、狭い部屋にもおすすめです。

また、白系の床はスッキリと、清潔感がある印象になるでしょう。床だけでなく壁や天井も白系で統一すると、全体がよりスッキリとまとまります。ただ、明るすぎて居心地が悪いと感じる場合もあるため、その際は家具などで調整しましょう。白以外の様々な色の壁紙や家具、カーテンなどとの相性も良く、なじみやすいです。部屋に置いたグリーンやお気に入りの家具も映えるでしょう。また、白っぽいホコリは目立ちにくいこともメリットです。


デメリット

部屋の印象としては、あまり重厚感はありません。ただ、壁紙や家具との組み合わせによっては重厚感を持たせることも可能でしょう。

髪の毛や黒っぽいゴミが落ちていると目立ちます。水はねや飲みこぼしなどを放置したり踏んでしまったりすると汚れになりがちです。さらに、素足で歩く際は皮脂汚れも付きます。このような黒っぽい汚れも目に付きやすいでしょう。キズが付くとキズの部分に汚れが入り込んで黒く見えることもあります。また、フローリングの溝の汚れも目立ちやすいです。

ただ、このような汚れやゴミはフローリングに木目が入っていると比較的目立たないでしょう。無垢フローリングを白く塗る場合、自然塗料を塗るとうっすらと木目が見えてナチュラルな仕上がりになります。真っ白にはなりませんが、木の風合いをほどよく残せるでしょう。一方、化学塗料で白く塗りつぶすと、無垢の自然な味わいは薄れ、真っ白になります。
 

白いフローリングのお掃除ポイント

白いフローリングのデメリットとして、汚れやゴミが目立つということが挙げられます。きれいに保つためには掃除が欠かせません。掃除する際のポイントについてご紹介します。

まず、髪の毛やゴミが落ちていると目立つため、こまめに取り除きましょう。ただ、掃除の度に掃除機を出すのは手間になることも多いです。そのため、すぐに取り出せて手軽に使えるフロアモップを常備しておくと便利ですね。気付いたときにさっと済ませてしまいましょう。

さらに、ときどき水拭きをすると見えない小さなホコリが取れます。床のべたつきが気になる場合にも効果的です。ただ、無垢材の場合は特に水分に弱いため、かたく絞った雑巾で短時間で終わらせましょう。水拭き後に乾拭きをすると跡も付かずに仕上がりもきれいです。

食べカスのこびりつきや飲みこぼしなどで黒い汚れが付いた場合は、食器用洗剤などの中性洗剤を水で薄めたものや、フローリング専用の洗剤もおすすめです。布や雑巾などに染み込ませて汚れを落とし、水拭きしましょう。
 

白いフローリングとインテリア

白系のフローリングにした場合、どのようなインテリアになるのでしょうか。事例を交えてご紹介します。


白がベースのナチュラルフレンチなインテリア
 

白いフローリングでおしゃれなお部屋に。きれいに保つためのポイントとは?"

フローリングに加えて壁や天井も白色がベースです。その中で、ブルーグレーの塗り壁やキッチンのタイルがアクセントとなり、インテリアを引き締めます。ナチュラルな雰囲気の家具も映え、ほどよい明るさでやさしい印象を与えるリビングです。

事例:Natural French の優しい空間


白で統一して家具やインテリアが映える空間に
 

白いフローリングでおしゃれなお部屋に。きれいに保つためのポイントとは?"

フローリング、壁、天井を白で統一しており、、ソファなどの家具やインテリア、グリーンがより一層引き立ちます。全体がスッキリとした印象です。

事例:白の同色で統一感を


アクセントのオレンジ色で温かみのある空間に

白いフローリングでおしゃれなお部屋に。きれいに保つためのポイントとは?"

白をベースとする中、インパクトのあるオレンジ色が際立っています。明るく元気なイメージのオレンジ色をアクセントカラーにすることで、部屋の印象もがらりと変わり、遊び心を取り入れた温かみのある空間にできるでしょう。自然な木目がきれいで、木の温もりも感じられます。

事例:Rコンセプト

まとめ

白いフローリングには、部屋が明るく広く見えるなどのうれしい効果もあります。ただ、汚れやゴミが目立つという難点もあるため、きれいな状態をキープするためにはこまめな掃除と適切な手入れが必要でしょう。

同じ白系のフローリングでも、木目の見え方によって雰囲気も変わります。さらに壁や家具の色、素材などを変えることで、違った印象を持たせることもできるでしょう。部屋のイメージに合わせて、白いフローリングを取り入れてみませんか。
 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  3. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  4. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  5. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  6. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  7. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  8. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

  9. タイルならDIYしやすい?ひと味違う土間空間の演出

  10. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表