&Renoトップ リノベーションのハウツー 土間の補修方法とは?主なトラブルと、おすすめのDIY補修の方法

土間の補修方法とは?主なトラブルと、おすすめのDIY補修の方法

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/5190

土間の補修方法とは?主なトラブルと、おすすめのDIY補修の方法

靴を脱がずに土足で家の中に入れる土間。最近では、土間のある暮らしに注目が集まっています。しかし「土間には興味があるものの、トラブルが起きないか心配」という方もいらっしゃるようです。

リビングや居間ではフローリングや畳を使用しますが、土間部分ではコンクリートやモルタルといった素材を使用するため、土間特有のトラブルもあります。そこで今回の記事では、土間部分に発生しやすいトラブルと、補修方法についてまとめました。

土間のメンテナンス方法も紹介していますので、土間の設置に興味のある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

土間部分で発生しやすいトラブルは?

pin  

土間部分では、大きくわけて2種類のトラブルがあります。
 
・床部分に亀裂やひび割れのトラブル
・床部分にシミができるトラブル
 
どちらも、床部分にコンクリートやモルタルを使用していることが原因で発生します。

 

床部分に亀裂やひび割れのトラブル

毎日土間を清掃していたものの、あるとき床部分に小さな亀裂やひび割れに気づくことがあります。土間部分に亀裂やひび割れが起きる原因として、以下のものがあげられます。

・気温や気圧の変化
・構造の問題
 

気温や気圧の変化

リビングなどで使用するフローリングは、気温や気圧によって膨張や収縮をします。土間部分で使用するコンクリートやモルタルについても、気温や気圧によって膨張や収縮をするので注意が必要です。

コンクリートやモルタルは、セメントや水、砂などの成分でできています。コンクリートやモルタルは、圧縮力には強いというメリットがありますが、一方で引っ張られる力には弱いという性質を持っています。

そのため、急激な気温や気圧の変化が起きると、膨張や収縮をしようという圧力が加わり、亀裂ができてしまうのです。

気温や気圧の変化でできるひび割れは、髪の毛のように細いことから「ヘアークラック」と呼ばれています。ヘアークラックの場合は、土間全体にダメージを与えることはありません。ただし、キズが気になる方は補修をしたほうがよいでしょう。
 

構造の問題

土間によっては、大きなひび割れが起きることもあります。亀裂が大きい場合は、施工や設計ミスなどの構造の問題が考えられます。また、過去に発生した地震が原因で、ひび割れが発生することもあります。

構造の問題で発生したひび割れについては、内部まで亀裂が生じている場合もあり、放っておくと水が内部に侵入することもあるので注意が必要です。場合によっては、土間全体にダメージを与える可能性もあるので早めの補修をしましょう。

 

亀裂やひび割れを補修するには

pin  

亀裂やひび割れについては、「コンクリート補修材」がおすすめです。ヘラやナイフを使って、ひび割れの部分にコンクリート補修材を埋め込むだけで補修ができます。細い亀裂の場合には「ひび割れ補修材」もおすすめです。ペイントタイプになっており、ひび割れ部分に塗りこむだけで補修できます。手を汚さずに使用できるので便利です。

 
大きな亀裂が発生しているケース
亀裂が大きい場合には、建物の基礎部分にも影響が出ている可能性があります。本格的な修理が必要な場合もあるため、早めに業者に相談しましょう。

 

床部分にシミができるトラブル

土間を使用していると、床部分に白いシミができることがあります。コンクリートやモルタルには石灰が含まれており、水と混ざると白い粉が噴き出すことがあります。

 

床部分にできたシミを補修するには

pin
 
土間の床部分の汚れを落とすのにおすすめのアイテムは、「メラミンスポンジ」です。メラミンスポンジなら洗剤を使用しないので、床を傷めることがありません。
 
メラミンスポンジで落とせないしつこい汚れについては、「コンクリート専用洗剤」がおすすめです。はじめに、メラミンスポンジなどで表面の汚れを軽く落とします。その後、コンクリート専用洗剤をかけて10分ほど放置し、洗剤を洗い流したら終了です。

 

補修を業者に依頼する

土間部分の床のひび割れやシミについては、DIYでの補修も可能です。しかし、DIYによる補修が難しい場合は、早めに業者に相談しましょう。特に土間部分の亀裂やひび割れについては、業者に調査してもらうことで、どれほどの亀裂が生じているのかをチェックできます。

業者に依頼するときには、複数の業者に相談しましょう。業者によって、施工内容や費用が異なります。それぞれの提案を比較して自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

快適な暮らしを続けるためには、定期的なメンテナンスが大切です。土間部分にひび割れやシミが発生したら、早めに補修しましょう。亀裂やひび割れについては「コンクリート補修材」や「ひび割れ補修材」、シミについては「メラミンスポンジ」や「コンクリート専用洗剤」がおすすめです。

 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  3. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  4. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  5. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  6. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  7. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  8. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

  9. タイルならDIYしやすい?ひと味違う土間空間の演出

  10. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表