&Renoトップ リノベーションのハウツー ダクトレールに電気を取り付けて。いつもの部屋をおしゃれな空間へ変えよう!

ダクトレールに電気を取り付けて。いつもの部屋をおしゃれな空間へ変えよう!

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4824

ダクトレールに電気を取り付けて。いつもの部屋をおしゃれな空間へ変えよう!


 
おしゃれな照明を取り付けると、お部屋の印象は大きく変化します。
例えば、カフェや雰囲気のあるバーなどでは、必ず照明を利用して、雰囲気作りをしています。
そんな風に、お部屋の印象をガラリと変えたい!と思っている方におすすめの照明はズバリ、「ダクトレール照明」です。

今回は、ダクトレール照明について詳しくご紹介します。

 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

ダクトレールと照明がおしゃれな空間を作り出す

ダクトレール照明は、取り入れるだけでお部屋の雰囲気が、ぐんとおしゃれになります。
まずはダクトレール照明について知り、自分で取り付けることができるのかどうかについて解説していきます。

ダクトレールとは

ダクトレールに電気を取り付けて。いつもの部屋をおしゃれな空間へ変えよう!"

ダクトレールとは、レール上に電気を流し、複数のライトを取り付けることができる照明部品のことです。
元々オフィスや店舗に使われることが多かったダクトレールですが、最近では自宅のお部屋に導入する人も増えています。

 
自分でダクトレールは取り付けられるの?

最近では、大体の家庭には備わっている電気配線の接続部分(シーリングやローゼット)に設置することができる、簡易取り付けダクトレールが販売されています。

これを購入すれば、自分で取り付けが簡単にできます。

ダクトレールが設置できれば、レール部分にスポットライトやペンダントライトなど、照明器具を取り付けて、完成です。



 

ダクトレールのメリットデメリット

ダクトレール照明を取り入れようか検討している場合、知っておきたいのがそのメリットとデメリット。
ダクトレール照明をあなたの自宅へ取り入れるべきかどうか、メリットとデメリットを見て考えてみましょう。


メリット

ダクトレールに電気を取り付けて。いつもの部屋をおしゃれな空間へ変えよう!"


*お部屋がおしゃれになる
ダクトレール照明でお部屋を照らすと、カフェのような空間を演出することが可能です。
ライトも、どれを選択するかによって、お部屋の雰囲気が大きく変わります。
 
*明るさ調整がしやすい
1つのスイッチから複数のライトをつけることができるので、お好みの明るさに調節がしやすいのが魅力です。
ワット数を超えなければライトを多くつけても少なくしても問題ありません。
あえて、落ち着いた大人な雰囲気を演出するために、ライトの数を減らして、少しだけ暗めに照らすと、バーのような空間を作り出すことができます。

*照明以外もつりさげてよりお部屋をおしゃれにできる
照明以外もの、例えば植物をつりさげるとおしゃれ度が増します。
また、イベントの飾り付けにもダクトレールは大活躍するので、年中お部屋の雰囲気作りに一役買ってくれます。

*ライトのつけ替えが簡単
ライトのつけ替えは簡単なので、気分に合わせてライトを変えてみると、様々な雰囲気のお部屋を楽しむことができます。


デメリット
 
*ダクトレール自体は、色のバリエーションがほぼ二択
ダクトレールのカラーバリエションはほぼ二択で、白か黒のどちらかであることが多いです。
ダクトレールの色で遊びたいと思っても、選択肢がないので、物足りなさを感じる人もいるかもせれません。

*ダクトレールバーが目立つ可能性がある
ダクトレールバーは、天井の色と真逆の色をしている場合、お部屋の中でも目立ってしまう可能性があります。
しかし、天井と同じ色を選べることができれば、ダクトレールバーが目立ってしまうことはないでしょう。

*ライトの位置が人に近くなるので、熱い
ダクトレールからライトをつりさげると、どうしても人の位置とライトの位置が近くなってしまいます。(特にペンダントライト)
ライトは熱を持ちやすいものとそうでないものがあるため、できれば熱を持ちにくいものをおすすめします。

*ダクトレールのデザインにこだわる場合は、埋め込み式のダクトレールにする必要がある
簡易取り付けのダクトレールではなく、もっとデザインにこだわる場合は、埋め込み式や直接取り付けのダクトレールにする必要があります。
その場合は、自分で取り付けることは難しいので、業者へ依頼することとなり、費用も発生してしまいます。



 

 

まとめ

今回は、ダクトレール照明についてご紹介しました。
自宅でも簡単につけ替え可能で、簡単にお部屋をおしゃれにできるダクトレール照明。
自宅にあるインテリアや内装を考慮して、ライトを選ぶのはとても楽しいです。

シャンデリアでも、ペンダントライトでも、自由に自分の理想の雰囲気に合わせて選択してみましょう。

 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. リノベーションとは?リフォームとの違いや費用も徹底解説!

  2. YKK...

  3. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  4. withコロナ時代の「不動産屋さん活用術」自宅で簡単オ...

  5. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  6. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  7. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  8. 真似したい!オシャレなリノベーションでよく見るテクニック実例

  9. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  10. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

Writer

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表

  • &Reno編集部

    BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。