&Renoトップ リノベーションのハウツー マンションの浴室はどこまでリフォームできるの?

マンションの浴室はどこまでリフォームできるの?

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4775

マンションの浴室はどこまでリフォームできるの?

浴室は長期間使っていると、浴槽の汚れや使い込んだ感じのシャワーヘッドのみでなく、レイアウトも一昔風な感じとなり、リフォームしたくなるものです。浴槽などは20年ほどで劣化が進行し、ひび割れが起こると水漏れなどのトラブルの原因にもなります。

もちろん、全てが自分所有の戸建てなら、お金さえあればリフォームしたいところを好きなだけできるのですが、マンションでのリフォームの場合、他の居住者に影響を与える箇所もあるため戸建てほど自由にできないのが現状です。

特に浴室やトイレなどの水回りと密接に関係している箇所については、給水・排水管が共用されている場合は、簡単にリフォームできないこともあります。そこで今回の記事では、浴室リフォームの概要を示しながら、マンションでのリフォーム事例を紹介していきます。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

癒しの空間を演出する浴室レイアウト

マンションの浴室はどこまでリフォームできるの?"

家族全員が毎日のように使用する浴室は、できれば全員の望みを叶えた癒しの空間にしたいものです。特に浴槽はサイズやデザインだけでなく、その保温性や耐熱性などの機能性も検討する必要があります。

浴室の主役であるお風呂の型には大きく分けて次の3種類あります。


ユニットバス

現在最も広く普及しているのがユニットバス型のお風呂でしょう。部材自体は工場で製作され、あとはこれらの部材を現場に運んで組み立てることがメイン施工になるため、工期も短く済む場合が多いのがユニットバスのメリットです。また、壁と床が一体となっているユニットバスであれば、穴が開かない限り水漏れをする心配もありません。

ユニットバスのデメリットとしては規格品であるため、規格外の設備や特注品には対応しにくいといったところです。


在来工バス

ユニットバスが普及する以前の、従来からある施工法による浴室です。一昔前に建てられた中古マンションや戸建てに多い浴室で、それぞれの家の造りに合わせたオーダーメイドによる浴室が特徴です。施工方法も現場で作り上げることが多く、好みの浴室に仕上げられる反面、工期がユニットバスよりも長くかかります。


ハーフユニットバス

ハーフユニットバスとは、現在主流であるユニットバスと在来工法を組み合わせた浴室で、浴槽と洗い場及び壁下のみセットとなった浴室を指します。その他の部分については在来工による現場施工で対応していきます。ユニットバスの断熱性を活かした浴槽に加え、在来工による好みのデザインを施工できるので、最近人気になってきている施工法です。

浴室リフォームに使われる主な素材

マンションの浴室はどこまでリフォームできるの?"

癒しの空間を演出するための浴室は、素材選びも大事になります。一般的に広く普及されている素材は、プラスチック素材であるFRPと言われるものです。FRPはガラス繊維強化プラスチックと呼ばれ、造船などでもよく使われている素材です。船などに使われる素材であるため、腐食などにも強く水漏れすることもない頑丈な素材と言われます。

一昔前の浴槽によく使われていたステンレスも、素材の一つとして検討することができます。ステンレスは錆びや傷にも強く、保温性にも優れている素材の一つです。ただ、見た目が金属であるため、デザイン性がどうしても劣ってしまいます。

また、少し高級感を醸し出すことのできる人工大理石という素材もあります。人工大理石は、本物の大理石に似せて作られたアクリル樹脂やポリエステル樹脂などの樹脂系を主成分とする素材です。キッチンの流し台や洗面台にも広く使われており、表面がなめらかで汚れが付きにくいといった特徴があります。

さらに高級なものでは、高級ホテルなどで広く採用されている「ホーロー」を使ったお風呂もあります。表面が滑らかでありながら、透明感もあるホーロー素材は、耐久性や保温性にも優れていますが、重量があるため場合によっては床の補強が必要でしょう。
 

マンションにおける浴室リフォーム

マンションの浴室はどこまでリフォームできるの?"

マンションは個人だけで所有しているものではないため、浴室のリフォームではできないこともあります。特に給水・排水管の工事を伴うリフォームは難しい場合が多いです。

ユニットバスからユニットバスへのリフォームは、規格サイズが同じものならリフォームしやすい部類に入ります。規格サイズが異なる場合、例えば一回り大きめのサイズにする(1216サイズから1616サイズにする)などの場合は、壁の移動などの浴室を広げる施工も必要です。

在来工バスからユニットバスへのリフォームは、比較的多いリフォームですが、劣化による床割れや水漏れがある場合には、これらを修繕する期間も入るため工期は長くなりがちです。

オーダーメイドタイプの在来工バスへの施工の場合は、使う素材や施工の方法によって施工期間は変わってきます。

マンションでの浴室リフォームには、共同住宅であるがゆえの制限はあるものの、癒しの空間としてどうしてもこだわりたいものです。そのため、失敗しないリフォームになるためにも、事前に浴槽タイプや施工方法などよくよく検討すべきでしょう。
 

まとめ

マンションの浴室リフォームは、共同住宅であるために給水・排水管などによる制限もありますが、それでも新しい浴室にこだわりたいものです。

失敗しないためにも事前に計画を吟味して準備を怠らないことが肝心です。
 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  3. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  4. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  5. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  6. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  7. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  8. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

  9. タイルならDIYしやすい?ひと味違う土間空間の演出

  10. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表