&Renoトップ リノベーションのアイテム 造作洗面台とは?メリットやデメリットを徹底解説

造作洗面台とは?メリットやデメリットを徹底解説

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4630

造作洗面台とは?メリットやデメリットを徹底解説

「洗面台が古くなったの交換したい」、「洗面台の使い勝手が悪いので、新しいものに交換したい」といった悩みを抱えてはいませんか?

洗面台のリノベーションを検討するときには、造作タイプの洗面台も候補に加えておきましょう。今回は、造作洗面台のメリットやデメリット、基本情報についてまとめました。さらに、リノベーションを行うときに注意しておきたい3つのポイントも紹介しています。

この記事を読めば、造作洗面台について理解できます。ぜひ、一読して役立ててください。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

化粧洗面台には3種類のタイプがある

造作洗面台とは?メリットやデメリットを徹底解説"

洗面化粧台には、大きく分けてユニットタイプとシステムタイプ、造作タイプの3種類があります。

ユニットタイプの洗面台
ユニットタイプの洗面台は、洗面ボウルや鏡、収納キャビネットなどが一体に組み合わさった洗面台です。60cm・75cm・90cmなどの間口サイズがあり、リノベーションする洗面所に合わせてサイズが選べます。
洗面化粧台に欠かせないものがセットになっているので、洗面台について詳しくない人でも気軽に購入できるというメリットがあります。

システムタイプの洗面台
システムタイプの洗面台は、洗面ボウルや水栓カウンターなどを自由に組み合わせることが可能な洗面台です。生活環境や家族構成に合わせて、さまざまなパーツを組み合わせたり追加したりできるのが特徴です。
素材やデザインなども自由に変えることができるので、洗面化粧台をインテリアの一部として楽しめるでしょう。

造作洗面台
造作洗面台は、システム洗面台と同じように、好みに合わせて自由にパーツを選ぶことができます。
造作洗面台の大きな特徴は、壁にカウンターを取り付けることです。洗面ボウルや鏡、水洗金具などを組み合わせるので、オリジナルのデザインにできます。毎日使う化粧洗面台をこだわりのあるものにしたい方には、造作タイプがおすすめです。

造作洗面台のメリットとデメリット

造作洗面台とは?メリットやデメリットを徹底解説"

造作タイプの洗面台にはメリットとデメリットがあります。洗面台のリノベーションを行うときの参考にしてください。

メリット
造作タイプの洗面台のメリットの一つは、自由度の高さです。すべてのパーツを自分の好きなように組み合わせることができます。そのため、世界でひとつしかないオリジナルの洗面台を設置することが可能です。

さらに、造作タイプなら使いやすくなるというメリットもあります。広めのカウンターを洗面台に設置すると、洗濯物の下洗いやアイロン掛けのスペースとして利用する可能性も広がるでしょう。洗顔やメイクの場所だけでなく、家事の拠点として利用できるので、より便利になるはずです。
洗面台の高さは80cmに設定されていますが、造作タイプなら、家族構成に合わせて高さを調整できます。小さな子どものいる家庭ならカウンターの位置を低くできます。また、年配者のいる家庭なら座って髪形のセットを楽しめるように調整が可能になるでしょう。

デメリット
造作タイプの洗面台のデメリットは、費用が見えにくい点です。洗面ボウル、水栓などを一点ずつそろえるため、コストの幅も広くなります。一般的なユニットタイプの洗面台と比較した場合、費用が高くなることも。そのため、造作タイプの洗面台にする場合には、あらかじめ予算を決めておくと良いでしょう。

また、デザインに関するデメリットとしては、造作タイプの洗面台は収納スペースを別途造作する必要がでてきます。ユニットタイプやシステムタイプには、鏡の裏や洗面ボウルの下に収納スペースが用意されていますが、カウンタータイプには収納スペースはあらかじめ用意はされていません。
リノベーションで造作タイプの洗面台を設置するときには、リノベーションの業者と設置場所について話し合っておくとよいでしょう。

洗面台をリノベーションするときの注意点

造作洗面台とは?メリットやデメリットを徹底解説"

好みの洗面台を見つけたときには、リノベーションの施工業者に依頼して設置工事を行うことになります。その際には、以下の3つのポイントを抑えておきましょう。

サイズをチェックしておく
洗面台を設置するときには、あらかじめサイズをチェックしておきましょう。「洗面台が小さすぎてデッドスペースができてしまった」、「洗面台が大きすぎてスペースに収まらない」といったトラブルを避けるためにも、サイズを正確に計測しておきましょう。

給水管や排水管の位置をチェックしておく
洗面台には給水や排水の設備が必要です。洗面台と給水管や排水管の位置が大きくずれていると、洗面台の位置を変更しなければならない可能性も出てきます。そのため、事前にチェックして業者に相談しておきましょう。

壁や床のリノベーションを検討する
「既存の洗面台を取り外してみたら、床や壁が傷んでいた」という場合があります。そのため、洗面台を設置するときには、壁や床のリノベーションも行ったほうがよいのか検討しておきましょう。

まとめ

造作洗面台は、壁にカウンターを取り付け、すべてのパーツを一つずつ選んで組み立てる洗面台のことです。ユニット洗面台とは異なり、洗面ボウルや鏡などを自由に選ぶことができるため、家族構成に合わせたおしゃれな洗面台を設置できるでしょう。
洗面台のリノベーションを行うときには、給水管や排水管、洗面台のサイズをチェックしておきましょう。加えて、壁や床のリノベーションを行うかどうかも検討しておくことをおすすめします。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. リノベーションとは?リフォームとの違いや費用も徹底解説!

  2. YKK...

  3. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  4. withコロナ時代の「不動産屋さん活用術」自宅で簡単オ...

  5. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  6. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  7. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  8. 真似したい!オシャレなリノベーションでよく見るテクニック実例

  9. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  10. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

Writer

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表

  • &Reno編集部

    BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。