&Renoトップ リノベーションのハウツー さらに細かく分類が可能?!対面キッチン・壁付けキッチン、違いを解説

さらに細かく分類が可能?!対面キッチン・壁付けキッチン、違いを解説

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4600

さらに細かく分類が可能?!対面キッチン・壁付けキッチン、違いを解説

キッチンは「対面キッチン=オープンキッチン」、「壁付けキッチン=クローズ(ド)キッチン」の二つに分類できるます。対面キッチンは「アイランド」「ペニンシュラ」、壁つけキッチンはI型、L型、それぞれ二種類に分類できます。

 さらに、対面キッチンは、「対面I型」「対面L型」「セパレート型」に分類できます。

 ここでは、対面キッチンと壁付けキッチンの違いをおさらいした後に「対面I型」と「壁付けI型」の違いや「対面L型」と「壁付けL型」の違い、そして「セパレート型」を見ていきましょう。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

対面キッチンと壁付けキッチンの違いとは?

対面キッチンと壁付けキッチンは、「料理をする人がどこを向いているか?」によって分けられます。対面キッチンはダイニングやリビング向き、壁付けキッチンは壁向きになります。料理を待っている人とコミュニケーションが取りやすかったり、テレビを観ながら料理をしたりできるのが対面キッチンです。壁に向かって料理に集中しやすいのが壁付けキッチンです。

対面と壁付け、どちらがトレンドなの?というと圧倒的に対面キッチンです。「キッチンに立っている間も家族やパートナーと一体感があったほうが良い」ということですし、リビング側からキッチンを観た場合に、奥行きが感じられてコーディネイトもしやすい対面キッチンは、人気があります。



 

対面キッチンのさらなる分類とは?

対面キッチンは、片方が壁についた「ペニンシュラ型」と、キッチンの両側に通路がある「アイランド型」にわけることができます。しかし対面キッチンの人気が高まるにつれて、別の分類方法も見かけるようになりました。
 
● 対面I型
● 対面L型
● セパレート型 

「I型にも対面・壁付けの二種類があるの?」少々混乱しそうですが、それでは違いを見ていきましょう。

「対面I型」レイアウト、壁付けI型との違いとは?


pin
 
壁付けキッチンでコンロ、シンク、調理台が一列に並んだレイアウトをI型と呼びますが、そのまま対面式にしたものです。アイランド型でも見かけますが、ペニンシュラ型で使われるケースが多いレイアウトです。
 
メリット

対面I型のメリットは、収納が充実することと作業動線が改善されることです。
I型の下部はもちろん、背面すべてを収納に使えますから、食器や調理器具などをスッキリと収納してしまうことができるでしょう。
 
また冷蔵庫への距離が近くなるのもメリットです。壁付けのI型レイアウトならコンロ、シンク、調理台そして冷蔵庫とレイアウトされますから、横移動の距離が長くなります。しかし対面I型なら冷蔵庫は背面、体を反転させるだけでアクセスすることができるのです。
 
デメリット

対面I型のデメリットはスペースを取るというところ、対面キッチンすべてに共通するデメリットです。昔は壁付けになっていたキッチンが、ダイニングまで出て来るのですから当然といえるでしょう。その分収納が充実しますが、家具が置けなくなる、お気に入りのカップボードやサイドボードがあるならば要注意のレイアウトになります。
 

「対面L型」レイアウト、壁付けL型との違いとは?

 

pin
 
コンロ、シンク、調理台をLの字に並べたレイアウトをL型と呼びますが、「L」の長辺をダイニング側にレイアウトしたものが対面L型です。ペニンシュラ型のバリエーションと考えることができます。
 
L型レイアウトに共通するデメリット

対面L型と壁付けL型のメリット・デメリットは、上で述べたI型レイアウトの内容と共通します。ここでは対面・壁付けにかかわらずL型キッチンに共通するデメリットを見ていきましょう。
 
コンロ、シンク、調理台を広く取ることができるL型レイアウトは、スペースに余裕があるならばオススメです。一方でデメリットは「L」の角部分の収納が使いにくいというところです。引き出しにするとデッドスペースができますし、開き戸にすると収まりが悪くなりがちです。


 

セパレート型

 
pin
 
「II型」とも呼ばれるセパレート型は、コンロ、シンクが二列に分かれてレイアウトされているタイプです。両側に通路が取られていますからアイランド型の一種、コンロがダイニング側に突き出しているものを、特にセパレート型と呼びます。
 
 
メリット

セパレート型のメリットは、コンロをリビングから離れて設置できるところです。料理の匂いがただようことを(ある程度)防ぎます。また料理中の体の動きは主に反転です。横移動と反転のどちらがスムーズか?は人によりますが、反転のほうが得意という方には好評です。
 
デメリット

デメリットは他の対面キッチンと同様にスペースにムダが多いところです。シンクの水はねもダイニングまで飛び散りますから、スペースに余裕が無い場合は要再考のレイアウトになります。

 

まとめ

以上「対面I型」と「壁付けI型」、「対面L型」と「壁付けL型」の違いを中心に見てきました。
対面キッチンはレイアウトが今風、壁付けキッチンはレイアウトが効率的です。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  3. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  4. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  5. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  6. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  7. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  8. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

  9. タイルならDIYしやすい?ひと味違う土間空間の演出

  10. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表