&Renoトップ リノベーションのハウツー キッチンを選ぶならオープン?クローズ?4つの比較ポイントで考える

キッチンを選ぶならオープン?クローズ?4つの比較ポイントで考える

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4596

キッチンを選ぶならオープン?クローズ?4つの比較ポイントで考える

アイランド、I型、L型などキッチンには様々なタイプがありますが、それらは「オープンキッチン」と「クローズ(ド)キッチン」に分けることができます。
 
オープンキッチンは「対面キッチン」とも呼ばれ、ダイニングやリビングに向かって使うタイプです。人気のアイランドやペニンシュラキッチンはこれになります。
クローズキッチンは「壁付けキッチン」とも呼ばれ、ダイニングやリビングに背を向けて使うタイプです。壁に面して設置され、I型やL型と呼ばれるレイアウトがあります。
 
では、「オープンキッチンとクローズキッチン」、どちらがよいのでしょうか?
それでは「オシャレさ」「コミュニケーションの取りやすさ」「コンパクトさ」「収納力」の4つの比較ポイントで見ていきましょう。
 

比較ポイント「オシャレさ」ならオープンキッチン

キッチンを選ぶならオープン?クローズ?4つの比較ポイントで考える"

インテリア雑誌やキッチンメーカーのHPで多く紹介されているのは、オープンキッチンです。リビングやダイニングと一体感があり、奥行きがないクローズキッチとオシャレさで比較するならオープンキッチンが上回っているといえるでしょう。

 
カウンター付きオープンキッチンで魅力アップ!

オシャレ感を一層アップさせるなら、カウンター付きのオープンキッチンです。例えばバーカウンター風に使ったり、また、軽めの食事を取ったり、食事の後片付けをしたりしながらの語らいにもカウンターはピッタリです。子どもが小さいころなら学習スペースにも使え、オシャレなだけでなく実用性も十分にあります。


 

比較ポイント「コミュニケーションの取りやすさ」ならオープンキッチン

リビングやダイニングと対面して料理ができるのがオープンキッチンです。視線を上げるだけで、そこにいる人とコミュニケーションが取れますから、料理の時間がより楽しくなるでしょう。一方、クローズキッチンは、リビングやダイニングに対して背を向けるので、孤独を感じてしまう人もいるかもしれません。作業に集中できるのはメリットではありますが。

小さな子どもがいるなら断然オープンキッチン!

顔を上げればリビングやダイニングが見渡せることは、小さな子どもがいる家庭ではより大きなメリットです。ひと時も目を離したくない、こんな場合にはオープンキッチンのありがたみを感じるでしょう。

 

比較ポイント「コンパクトさ」ならクローズキッチン

キッチンを選ぶならオープン?クローズ?4つの比較ポイントで考える"

オシャレさやコミュニケーションの取りやすさで上回るオープンキッチンですが、メリットばかりではありません。デメリットも数多くあるのですが、その最大のものがスペースを取ってしまうところでしょう。クローズキッチンなら壁ぎわに収まっているコンロやシンクが、ダイニングにまで飛び出てくるのがオープンキッチンです。アイランドキッチンなら両側に通路を確保しなくてはなりませんから、余計に狭くなってしまいます。限られたキッチンのスペースの有効活用を考えるならばクローズキッチンです。
 

コンパクトタイプのアイランドキッチンはないの?

それでもオープンキッチンがいい!という方のために用意されているのが、コンパクトなアイランドキッチンです。アイランド部分はシンクだけという80cm幅のもの(トクラス「コンパクトアイランド」)がありますし、コンロとシンクを備えて90cm幅に抑えたもの(サンワカンパニー「コンパクトキッチン430」)も検討してみましょう。

(参考:TOCLAS 「一緒に過ごす時間を大切にできるコンパクト2列型キッチン」
(参考:サンワカンパニー 「コンパクトキッチン430」)


ペニンシュラキッチンを選ぶという手も?

アイランドキッチンの両側に通路を確保するのが難しければ、片方が壁に引っ付いた「ペニンシュラキッチン」という選択肢もあります。ペニンシュラとは半島という意味、これならば通路の確保は片側だけでOKです。

 

比較ポイント「収納力」ならクローズキッチン

キッチンを選ぶならオープン?クローズ?4つの比較ポイントで考える"

飛び出たアイランドやペニンシュラキッチンは、ダイニングやリビングのスペースを削るだけではありません。上部のスペースが全く使えない、レンジフードくらいで丸々デッドスペースになってしまいます。クローズキッチンならコンロやシンクの上はすべて収納スペースになるのです。


棚を造りつけるなら?

頭上のデッドスペース化を避けるなら、アイランドやペニンシュラの上に棚を造り付ける方法があります。これが決まると非常にオシャレ!カフェやビストロのオープンキッチンのようになるでしょう。ただ割高にはなってしまいますが……。

まとめ

4つの比較ポイントでもわかる通り、オープンキッチンとクローズキッチンにはそれぞれ一長一短があり、一概にどちらが良いかは言い難いのです。おすすめは雑誌やHPの写真だけで決めるのではなく実際に使ってみること、ショールームで実物に触れてみましょう。

 

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 小上がりの和室をリフォームでリビングに作りたい!そのメ...

  2. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  3. vol.40【戸建てリノベ|インタビュー】構造を変えら...

  4. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  5. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表