&Renoトップ リノベーションのハウツー マンションリノベーションは要注意、キッチンを移動したいときのポイント

マンションリノベーションは要注意、キッチンを移動したいときのポイント

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4567

マンションリノベーションは要注意、キッチンを移動したいときのポイント

マンションリノベーションは、全体の位置を決めるためにキッチンの扱いが重要になります。
コミュニケーションの中心となるキッチンですが、移動するには縄一筋ではいきません。

キッチンにはさまざまな設備配管がつながっており、配管の移動が必要になる場合があります。
今回は、キッチンの移動についてのお話です。

住まいの中心となるキッチンを考える

キッチンは、住まいの中心と考えてよいでしょう。
特にマンションでは広さに限りがあり、LDKタイプはコミュニケーションが取りやすい間取りと言えます。また、家事動線・移動動線のスムーズな移動は、毎日の家事ストレスを軽減してくれます。


キッチンとリビング・ダイニングの関連性を重視する

リノベーションを行ううえで、最も要望が多いのは、家族のコミュニケーションを重視したLDK型の間取りです。リビング・ダイニングをつなげて大きな空間を確保し、キッチンからアクセスしやすいように配置されたタイプが人気です。
家族や友人・知人がリビング・ダイニングに集まったとき、キッチンで準備をしながらでも、視線を通すことでコミュニケーションが取れます。
キッチンに立ったときの、リビングやダイニングへの視線や声が通る位置関係が大切です。


家事動線と生活動線を考慮する

上手なキッチンの位置を考えるときに参考になるのが、家事動線と生活動線が交差せず、スムーズに家事をこなせるように部屋を配置することです。

家事動線は、料理をダイニングテーブルへ運んだり、洗濯物を物干し場に運んだりと、家事をするうえでの通り道です。生活動線は、リビングから寝室へ移動する、外から帰ってきてリビングに移動するといった生活するうえでの通り道です。

この二つが交差したり、重なったりすると、家事がスムーズに進まない、物をどけないと通れないなどの不都合が発生しストレスにつながりやすくなります。

簡単には移動できないキッチン

マンションリノベーションは要注意、キッチンを移動したいときのポイント"

リノベーションのなかでも、マンションのキッチンの移動はとても難しい部類に入ります。キッチンには水道、排水管、ガス、電気、排気ダクトとたくさんの配管や配線がつながっており、これらの移動も必要になります。

特にネックになるのが排水管です。排水管は、水が自然に流れるための「勾配」を一定以上確保する必要があります。この勾配の確保がポイントで、キッチンの位置は排水管の勾配が取れる位置に限られてしまいます。

また、配管やダクトの移動には、床下や天井裏のスペースや構造の事前チェックが欠かせません。自分たちでチェックすることは難しいので、設計士や工務店に相談しましょう。

管理組合との相談

マンションの工事は、必ず管理組合の承諾を得る必要があります。管理規約を確認して、規約に沿った工事の相談をします。


管理組合への相談は事前準備が大切

管理組合への相談は、事前準備として、工事の大まかな内容、管理規約の確認、一般的な専有部・共用部の取り扱いの3つを把握しておきます。

● 工事の大まかな内容
工事の大まかな内容は、口頭だけでも構いません。図面があれば説明しやすいです。キッチンのリノベーションの場合、間取りの変更の有無、キッチンの移動の有無という情報が大切です。

● 管理規約の確認
管理規約も確認します。多くのマンションは、国土交通省が準備した標準管理規約を、それぞれのマンションの特徴に合わせて改定した規約があります。内容が明確で、リノベーションにかかわる規定も設けてあります。
ただし、古いマンションでは独自の規約を定めているところもあり、工事が難しい場合もあるので注意が必要です。独自に定めている場合は、管理組合への相談は必須です。

● 一般的な専有部・共用部の取り扱い
マンションは、自由に使える「専有部」と全員で使う「共用部」に分かれています。それぞれの取り扱いについては、「区分所有法」という法律で決めてあり、扱いが明確になっています。


管理組合へ相談する

キッチンのリノベーションに限らず、工事全般では管理組合との相談が欠かせません。設計事務所や工務店がある程度決まっている場合は、担当者と一緒に訪問してもよいでしょう。
工事の方法、工事中の共用部の扱いは、特に重点的に打ち合わせを行います。この二つは特に重要で、条件次第で、工事内容や工期あるいは金額に大きく影響してきます。

● 工事中の共用部の扱い
リノベーションは、自分たちが住む部屋のなかで完結します。しかし、工事は通路やエレベーターの利用、駐車場の確保が必要です。
工事中の通路の養生やエレベーターの使用方法、工事車両の駐車場や材料の搬入など、共用部を必ず使用します。間取りの変更や共用部分の使用は、管理規約に沿って行うため、事前に管理組合に相談することが重要です。

まとめ

マンションリノベーションは要注意、キッチンを移動したいときのポイント"

今回は、キッチンの移動をともなうリノベーションのお話でした。
キッチンのプランを考えるのはとても楽しく、リノベーションの醍醐味と言えます。

コニュニケーションの中心となるキッチンですが、移動するのがとても大変です。必ず専門家の助言を受けて一緒にプランを作っていきましょう。

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 小上がりの和室をリフォームでリビングに作りたい!そのメ...

  2. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  3. vol.40【戸建てリノベ|インタビュー】構造を変えら...

  4. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  5. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表