&Renoトップ リノベーションのハウツー リノベーションでお風呂の位置を変える。オススメの間取りをご紹介

リノベーションでお風呂の位置を変える。オススメの間取りをご紹介

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4551

リノベーションでお風呂の位置を変える。オススメの間取りをご紹介

今のお風呂は快適でしょうか?寒かったり、洗面所を使う人で慌ただしかったり、「なんだか落ち着かない」と感じたことはありませんか?

日常のちょっとしたシーンで感じるお風呂の使いづらさは、位置を変えるリノベーションで解決する場合があります。貴重なリラックスタイムをもっと上質なものにしてみましょう。

しかし水回りのリノベーションは大がかりで手が出しづらいイメージがあるかもしれません。今回は、そもそもリノベーションできるのか、どんなところに注意すると良いのかも含めて「使いやすいお風呂の間取り」をご紹介します。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

マンションでもお風呂の位置を変えることはできる?

リノベーションでお風呂の位置を変える。オススメの間取りをご紹介"

「ウチはマンションだからお風呂の位置を変えられない」と思う方もいらっしゃるでしょう。
マンションでも、お風呂の位置を変えることができる場合があります。ただしいくつかの確認が必要です。

まずは管理規約で認められているかどうかです。そもそも設備を移動させることが禁止されているマンションもあり、その場合は位置を変えられません。

また、お風呂の移動に伴って配管の長さや位置も変わります。マンションの構造的に配管の移動が困難な場合にはお風呂のリノベーションは難しくなるでしょう。

マンションでもお風呂の位置を変えられる可能性はありますが、リノベーションの自由度では、一般に一戸建てほどではないと言えます。

なぜお風呂の位置変更が出来ない場合があるのでしょうか?次は、お風呂のリノベーションの大きな制約である、水道管の勾配について解説します。

お風呂の水道管の勾配に気を付けて

リノベーションでお風呂の位置を変える。オススメの間取りをご紹介"

基本的に、お風呂からの排水は重力によって、傾斜のある排水管を流れていきます。つまり、排水管には一定の勾配が必要なのです。

排水管は床下を通り、パイプスペースという配管のまとまった設備へと繋がります。もし、お風呂の位置がこのパイプスペースから遠ざかってしまうと、排水管の勾配は少なくなります。
元々の勾配を取り戻すためには、排水管の位置を下げるか、お風呂の床を高くするなどの工夫が必要となります。

マンションによっては、床下のスペースが二重床となっておらず、下の階の天井裏と一体になっている場合があります。この場合は排水管を移動させられず、したがってお風呂の位置変更は困難となります。これがマンションでのリノベーションに制約が多い理由の1つです。

とはいえ、天井裏に排水管が通っているタイプのマンションは古いマンションに多いと言われています。今お住まいのマンションでは可能かもしれません。

管理規約や勾配の制約をクリアしてお風呂のリノベーションにチャレンジされる方に向けて、オススメのお風呂の位置をご紹介します。お風呂の位置はライフスタイルによって、様々なバリエーションが考えられます。

ライフスタイル別、オススメのお風呂の位置

リノベーションでお風呂の位置を変える。オススメの間取りをご紹介"

あなたにオススメのお風呂の位置を、ライフスタイル別にご紹介。リノベーションしてから後悔はしたくない方へ。様々な角度からお風呂の位置を考えてみましょう。

お風呂をプライベート性の高いリラックス空間にしたい
「仕事の疲れがとれるようにしっかりリラックスしたい」そんな方は、お風呂を寝室近くに配置するのも手です。

リビングや玄関から距離をとる位置になれば、家族やお客のにぎわいから遠ざかって、ゆったりとバスタイムを楽しめるかもしれません。しっかり温まった後で、冷えないうちに寝室へ移動しやすいのもメリットです。

ただし、寝室と隣り合うほどに近くなる場合には注意しましょう。お風呂の音が安眠を妨げてしまう可能性があります。

玄関や隣家と距離を置くことができれば、隣人にお風呂の音も聞かれにくくなります。音楽をかけて楽しみたい、子供とお話ししたいという方にも、このプライベート性の高い位置はオススメです。

スマートに家事をこなしやすいお風呂の位置
「忙しい毎日、家事は手早く済ませたい」そんな方には、キッチンや物干し場に近い位置がオススメ。
お風呂に併設されている脱衣所に洗濯機がある場合に効果的な方法です。『キッチンー洗濯機ー物干し場』の動線が近ければ、料理しながら洗濯物を回収して干すという動作の流れが組み立てやすくなるでしょう。脱衣所にアクセスできる扉を増やす方法もあります。

水を吸って重たくなった衣類を運ぶ距離を短縮できれば、体への負担減少も期待できます。効率的な家事は、体力的にも時間的にもゆとりを作るチャンスともなり得るでしょう。

梅雨時期にそなえて、部屋干しできるスペースも近くにあると◎。

ヒートショックに強いお風呂にしたい
「体調に自信がない」「高齢者と同居している」そんな方には、リビングやキッチンから直接入れる脱衣所&お風呂をオススメします。

ヒートショックは急激な温度変化によって血圧が急に上昇・下降して起こる症状です。命にかかわる場合もあり、特に寒い冬には軽視できない問題と言えるでしょう。

急激な温度変化が起きないように、寒くなりがちな廊下を挟まずに脱衣所やお風呂へ行けるルートを確保するのがポイントです。リビングの暖かい空気を脱衣所に送ることもでき、脱衣所にもう1つ暖房を設置しなくても済むこともあります。

まとめ

リノベーションでお風呂の位置を変えたいとお悩みの方へ、間取りのアイデアをご紹介しました。マンションでは管理規約や配管など制約の多いリノベーションですが、うまく位置を決めることができれば生活の質を上げることができるでしょう。

ライフスタイルごとにオススメの位置は異なります。どんな生活を送りたいか、夢を描きながらぜひ参考にどうぞ。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  3. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  4. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  5. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  6. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  7. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  8. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

  9. タイルならDIYしやすい?ひと味違う土間空間の演出

  10. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表