&Renoトップ リノベーションのハウツー キッチンカウンターにリフォームする際のポイント

キッチンカウンターにリフォームする際のポイント

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4467

キッチンカウンターにリフォームする際のポイント

システムキッチンでカウンターがついているタイプは、空間を広く使うものが多いようです。調理台が独立したアイランド型、片面が壁に接続しているペニンシュラ型、二の字型。どれもリビングとの連続性がある構造です。そのなかでもカウンターは、リビングとキッチンとをつなぎ、そして同時に境界となる部分です。ですから、キッチンと、リビング、両方の面を損なわない構造、色づかいが求められます。

この記事では、そんなキッチンカウンターにリフォームする際に気を付けるべき点を紹介していきます。
 

リフォーム前に知りたい。キッチンカウンターの役割

キッチンカウンターにリフォームする際のポイント"

キッチンカウンターは、台所と、ダイニング、リビングをつなぐところであり、それと同時に隔てるところであります。ですから、料理しながら、部屋の様子を見渡せ、なおかつ、料理中の手元がリビングから見えにくくする役割が求められます。また、キッチンカウンターがついている台所はリビングに対して開けていますので、その分、匂いも伝わりやすいです。そこで換気扇によって、台所の匂いを外に逃がす必要があるでしょう。

また、カウンターはちょっとした物を置く場所や、軽く食事をするためにも使われますので、ある程度のスペースが求められます。

以下では、キッチンカウンターにリフォームする上で役だつメリット・デメリットを紹介します。
 

キッチンカウンターにリフォームするメリット

キッチンカウンターにリフォームする際のポイント"

キッチンカウンターは、いつの時代も人気がある台所構造のひとつです。理由はデザインがスタイリッシュであることや機能性にあります。以下で、キッチンカウンターのメリットを個別に紹介していきます。


デザイン性に優れている

カウンターで飲食するのは外食するときだけだろう、という既成概念を持つ人が多い時代に、キッチンカウンターが登場したことは、相当なインパクトがあったと言われます。家庭内で、いわば非日常を体験できるような印象も与えました。そして、もちろんリビングでも食事をすることもできます。このような機能も兼ね備え、且つデザイン性が高い点がキッチンカウンターの大きなメリットと言えましょう。


キッチンからリビングの奥まで見渡せる

台所が閉じた空間にあると、他の部屋を見ることは難しいでしょう。料理を作るのに集中できるともいえますが、特に小さなお子さんがいるご家庭では、自分の目の届かない場所があるのは不安でもあります。

この点、キッチンカウンターは開いた空間にあります。ですから、キッチンスペースにいながらお子様がどこにいて、何をしているか、そして自分は何をすべきか、しなくていいかの判断ができるでしょう。これが閉じた台所ですといちいちキッチンの外に出なくてはなりません。それによってフライパンを火にかけたままお子さんにつきっきりになり、せっかくの料理を焦がしてしまうリスクもあります。

このように、キッチンカウンターの構造は安全性も兼ね備えるデザインと言えるでしょう。
 

視界が広く取れ、開放感がある

キッチンカウンターの先は広々としたリビングがあり開放的です。視界が開けているのでリラックスして調理もできます。

これに対して、閉じた空間にある壁付けキッチンの目の前にあるのは、壁であることがほとんどです。視界に何もない方が集中できるという場合もありますが、息苦しく感じることもあるかもしれません。
ゆったりとした気分で料理は行いたいものですね。


カウンターキッチンは対話が楽

壁付けキッチンは目の前が壁ですから、同じ台所内にいても家族と話すには横を向いたり振り向いたりしなければなりません。これでは、料理の手を止めることにもなり、あまり効率的ではありません。

この点、キッチンカウンターに調理スペースがあると、顔をあげれば目の前はリビングですから家族と自然に会話ができるでしょう。会話をしながらだと料理も楽しく取り組めますね。
 

キッチンカウンターリフォームのデメリット

メリットが多いキッチンカウンターですが、やはりデメリットも存在します。リフォームの際、メリットとデメリットを比較して検討することをおすすめします。


匂いが広がってしまう

キッチンカンターはオープンキッチンです。最近の換気扇の性能は目を見張るものがありますが、やはり開いた空間で調理している以上、匂いは広がってしまいます。料理をしている匂いですから基本、良いといえましょうが、やはり、場合によってはその匂いがリビングの雰囲気を損なってしまうことは否定できません。


カウンターの使い方が意外と難しい

一番の特徴はそのカウンターのはずですが、皮肉なことに使いこなせないと言う方もいます。

まずカウンターを食卓として使う場合に、最初のうちは、みんな使うのですが、家族の人数が多いご家庭などでは、食卓としての広さが中途半端だったり、ダイニングの方が食べやすく感じてしまい、次第に食卓として使わなくなることも。

それでは、何か物を置いてみてはということになりそうですが、カウンターに物を置いて塞いでしまってはキッチンカウンターの意味がなくなってしまうでしょう。カウンターの上には、あまり物を置きたくありませんね。

このように、キッチンカウンターの、空間を広く使うところがかえってデメリットになってしまったり、カウンターの存在が悩ましい場合もある点には、留意しておいた方がよいでしょう。
 

まとめ

いかがだったでしょうか。キッチンカウンターにリフォームする際には、上述した特徴や、メリットデメリットを踏まえて実際に施工するといいでしょう。
 

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  2. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  4. 「親子でお料理」で、おうち時間をENJOY!...

  5. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  6. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  7. vol.41【リノベ|インタビュー】「リノベ済物件✕再...

  8. 在宅ワーカー必見!スタイル別「書斎・ワークスペース」〜...

  9. 「勉強机どこにする問題」を解決!リビング?部屋?それとも?!

  10. 在宅ワークにおすすめ!マンションで叶う「書斎」事例9選

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表