&Renoトップ リノベーションのハウツー 子供部屋のリフォームをしたい!リフォームの前に知っておくべきこととは?

子供部屋のリフォームをしたい!リフォームの前に知っておくべきこととは?

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4370

子供部屋のリフォームをしたい!リフォームの前に知っておくべきこととは?

子供部屋のリフォームでは、子供のためにすてきなお部屋を作ってあげたいですね。

しかし、どのようなことに気をつければ、子供のためのよいお部屋になるのでしょう。

そこで今回は、子供部屋のリフォーム内容や、リフォーム前に知っておくべきことなど、すてきなお部屋づくりに役立つ情報をお伝えします。

また、子供部屋にオススメのインテリアもご紹介しますので、快適かつおしゃれな子供部屋作りへの参考にしてみてください。
 

子供部屋のリフォーム内容をご紹介

子供部屋のリフォームは、どこをどうすれば子供部屋らしくなるのか、わからない方も多いかと思います。
ご紹介するものがすべてではありませんが、参考にしていただきたいリフォーム内容をご紹介します。
 

壁紙や床を子供部屋用にリフォーム

子供部屋の雰囲気を作り出す壁紙や床材。
ポップな柄だったり、カラフルな色だったり、賑やかな壁紙を使うと、いかにも子供部屋らしさが生まれます。
また、カラフルな色に合わせて、フローリングを白にしたりすると、バランスが良いでしょう。
 
しかし、子供が子供らしい部屋で満足するのはほんの数年です。
子供はすぐに成長してしまうため、ポップでカラフルなお部屋ではなく、子供が成長しても使えるデザインの壁紙や床材の方が、メリットは大きいといえます。

もし、子供が小さいうちは、子供らしいかわいい部屋を作りたい!と考える場合は、壁の一部分に子供が喜ぶデザインの壁紙を貼って、成長したらその部分だけ別の壁紙材を貼り替える方法をとっても良いでしょう。
 

1部屋を2部屋にして子供部屋を作り出す

子供部屋として使っている1部屋を、2人の子供それぞれのために、独立したスペースを作りたいというニーズは多いようです。
しかし、そもそも1部屋だった部屋を仕切って2部屋にすることで、かなり狭い部屋が出来上がり、子供も窮屈な思いをしそうです。

そこで、部屋の仕切りにも機能を持たせることで、より使いやすい子供部屋を作ることができます。
例えば、ベッドや収納スペースを仕切りにして部屋を区切ってしまえば、狭いスペースを有効活用することができます。
 
省スペース・多機能な家具などを使用することで、狭い部屋でも充実した空間にすることができます。

 
勉強スペースを作る

子供が小学生くらいの小さい時期には、できれば勉強している姿を見守りたいと考える保護者の方も多いでしょう。

そこで、リビング周辺に子供の勉強スペースを設けることで、夕飯の用意をしながら子供の勉強の様子を見ることが可能になります。

また、人の気配がある場所で勉強をする方が、集中力が高まるとも言われており、リビング周辺での勉強は子供にとってもプラスになりそうです。

 

子供部屋をリフォームする際のポイントは?

子供部屋のリフォームをしたい!リフォームの前に知っておくべきこととは?"

子供部屋を作る前に、抑えるべきポイントを知って、より良い子供部屋づくりを目指しましょう。
 

子供部屋の位置

 子供部屋の位置は、親子のコミュニケーション量を左右します。
独立した部屋を子供に与えるのはよいが、自分の部屋にずっとこもってしまい、なかなかコミュニケーションが取れない家庭も多いようです。
 
そこで、子供部屋や子供のためのスペースを、リビングなどの共用スペースの近くに設置することで、自然と家族との会話も増えるでしょう。

 
子供の成長に合わせて収納レイアウト変更できるようにする
 
子供が複数人いる場合、小さい頃は兄弟みんなでベッドを並べて、同じ部屋で寝たり遊んだりすれば良いのですが、だんだん大きくなるにつれて自分だけの空間を欲するようになります。

成長に合わせて移動することができる可動式の収納スペースや、間仕切り機能もある収納製品は、子供の成長にあわせて、レイアウトを変えることができます。

 

リフォームと一緒にそろえよう!子供部屋にオススメのインテリア紹介

子供部屋のリフォームをしたい!リフォームの前に知っておくべきこととは?"

子供部屋にオススメのインテリアをご紹介します。
機能性とおしゃれを両立させて、インテリアですてきな子供部屋に仕上げましょう。

 
2段ベッド、成長に合わせてシングルにできるベッド

子供が小さいうちは2段ベッドとして使用し、子供が大きくなったら、シングルベッドとしても使用できるベッド。
子供の成長に合わせて買いなおしたりしなくて良いので、長く使えそうですね。

 
システムベッド

ロフトベッド、椅子、机がセットになっているもの。
ベッドの下に机や椅子をしまうことができるため、子供部屋が狭い場合でも使いやすいのでおすすめです。
また、白や木目のベッドなどお洒落で落ち着いた風合いのベッドも多いため、お部屋の雰囲気づくりにも一役買ってくれそうです。

 

まとめ

子供が成長するのは早いですが、子供時代は様々なことを吸収できる大切な時期でもあります。
だからこそ、子供にとって良い環境を作り出してあげましょう
子供部屋のリフォーム前に、家の中でどんな過ごし方をして欲しいのか考えて、子供にとってベストなお部屋を作れるように、部屋の位置や置くインテリアなどを検討しましょう。

 

 

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  2. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  4. 「親子でお料理」で、おうち時間をENJOY!...

  5. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  6. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  7. vol.41【リノベ|インタビュー】「リノベ済物件✕再...

  8. 在宅ワーカー必見!スタイル別「書斎・ワークスペース」〜...

  9. 「勉強机どこにする問題」を解決!リビング?部屋?それとも?!

  10. 在宅ワークにおすすめ!マンションで叶う「書斎」事例9選

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表