&Renoトップ リノベーションのハウツー 扉を引き戸へリフォームしよう!引き戸へリフォームするメリットと種類をご紹介

扉を引き戸へリフォームしよう!引き戸へリフォームするメリットと種類をご紹介

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4362

扉を引き戸へリフォームしよう!引き戸へリフォームするメリットと種類をご紹介

自宅の室内ドアを引き戸へリフォームし、バリアフリー化を測りたいと考えたことはありませんか?
今回は、自宅の扉をリフォームして引き戸にするメリットをご紹介します。
また、実際に検討するための材料として、引き戸の種類もお伝えしていきます。

 

扉を引き戸へリフォームするメリットはいくつかあります。

 
省スペース化が図れる

ドアの場合、開閉をするための可動域が必要になります。
そのため部屋のドア付近に家具を置くことはできません。
それに対して引き戸は、開閉に可動域は極小ですむため、引き戸付近での家具のレイアウトの自由度が高くなります。
 

空間を状況に応じて変更できる

ドアは部屋と部屋を隔てるものとしての役割が大きいですが、引き戸に関しては隔てるだけではなくつなげる役割も持っています。

例えば、リビングとキッチンダイニングの間に引き戸を設けることにより、来客時にキッチンダイニングを隠すことができます。また、普段はキッチンにいてもリビングにいる家族と一緒に過ごせるように引き戸を開けておくこともできます。

空間を状況に応じて変更できるのは、引き戸ならではの良さです。

 
風通しを良くすることができる

家の中の風通しについて考えたことはありますか?
窓を開けて空気の入れ替えをしても、ドアの場合、風で急にドアが閉まってしまう現象が起きます。
それに対して、引き戸の場合、解放しておくことが容易なので、家の中の風通しもよいです。
 

利便性・安全性が高まる

車椅子で生活している方が家族にいる場合は、ドアよりも引き戸の方が開閉が楽にできます。
また子供が、ドアで指を挟む事故もあるので、小さいお子様がいる家庭では事故防止のために引き戸にするのが良いでしょう。

 

引き戸にはデメリットもある

引き戸には、もちろんデメリットもあります。
 

気密性や遮断性が低い

引き戸はドアと比べるとどうしても、気密性が低いため、隙間風が入ったり、空気が逃げてしまったりします。
また、遮断性も低いため、音漏れも発生します。
引き戸をどこに使用すべきか、検討が必要です。

 
掃除の手間がかかる

引き戸のレール部分には、ゴミがたまりやすく、ドアの場合と比較すると掃除の手間がかかります。
吊るタイプの引き戸もあるので、検討してみましょう。

 
コンセントやスイッチの位置次第では引き戸へリフォームできない可能性がある

引き戸の設置には、引き戸を引き込むスペースが必要になります。

ドアと違って、縦方向の開閉がない代わりに、横方向の開閉となるため、引き戸を取り入れようとした際に、引き込みスペースにコンセントやスイッチがある場合は、引き戸の設置が難しくなります。

 

引き戸の種類と設置方法

引き戸の種類をご紹介します。
自宅に合う引き戸を探してみましょう。

 
引き違い戸

2枚の戸の端が重なり合うように設置されているため、左右のどちらに引いても開閉が可能です。
 

片引き戸

1枚の戸、もしくは2枚戸の片側のみを開閉するタイプ。
 

引き分け戸・両引き戸

 

扉を引き戸へリフォームしよう!引き戸へリフォームするメリットと種類をご紹介"

左右に引いて、開閉するタイプ。

 
引き込み戸

戸を壁の中に引き込んで収納してしまうタイプもあります。
開けっぱなしにする場合、戸の存在がなくなるので、空間を一つにつなげやすくなります。
 

設置方法

【レールありのタイプ】
レールを設けてその上で戸を動かすタイプ。
レールがある分、下記の上吊式よりも安定感があります。

 
【レールなしのタイプ:上吊式】
レールを設けず、戸を上に吊って動かすタイプ。
床面にレールを敷くことがないので、ゴミがたまりにくく、掃除機もかけやすいだけでなく、段差がないので、車椅子が通りやすくすることができます。

おしゃれな引き戸紹介


欧テイストの引き戸

ガラスの引き戸で枠は白、北欧テイストの引き戸を使用すると、お部屋の雰囲気作りに一役買ってくれます。

お部屋やインテリアにある色と引き戸の色を同じにして統一感を出すと、お部屋になじみ、おしゃれ空間を演出してくれる引き戸になります。

 
障子の引き戸

扉を引き戸へリフォームしよう!引き戸へリフォームするメリットと種類をご紹介"

破れやすいなどのデメリットがある障子ですが、和テイストの家にはぴったりのデザインでもあります。
障子は光をほんのりと通すため、戸を閉めているのに柔らかい光が隣の部屋にも入ります。
 

グレーの引き戸

壁や床が白の場合、グレーの引き戸でアクセントをつけることによって、よりスタイリッシュな雰囲気を出すことができます。

引き戸の色を、お部屋の差し色にするのもおしゃれです。

 

まとめ

引き戸は住環境を良くしてくれるだけではなく、インテリアとしても使用すれば、お部屋の雰囲気をよりおしゃれに演出してくれます。

選択次第で、お部屋の利便性や雰囲気が変わるため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  2. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  4. 「親子でお料理」で、おうち時間をENJOY!...

  5. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  6. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  7. vol.41【リノベ|インタビュー】「リノベ済物件✕再...

  8. 在宅ワーカー必見!スタイル別「書斎・ワークスペース」〜...

  9. 「勉強机どこにする問題」を解決!リビング?部屋?それとも?!

  10. 在宅ワークにおすすめ!マンションで叶う「書斎」事例9選

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表