&Renoトップ リノベーションのハウツー キッチンをリノベーションしたい!あなたに最適なキッチンとは?キッチンのタイプ別にメリットデメリットを解説します。

キッチンをリノベーションしたい!あなたに最適なキッチンとは?キッチンのタイプ別にメリットデメリットを解説します。

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4317

キッチンをリノベーションしたい!あなたに最適なキッチンとは?キッチンのタイプ別にメリットデメリットを解説します。

キッチンをリノベーションしたい!と漠然とは考えている方へ、最適なキッチンを見つけられるように、キッチンのタイプとメリットデメリットをご紹介します。

 

キッチンリノベーションをするために!キッチンタイプの種類を知ろう

キッチンのリノベーションには、キッチンタイプの選択が欠かせません。
まずは、どんなキッチンタイプがあるのかご紹介していきます。
 

壁付けキッチン
 

キッチンをリノベーションしたい!あなたに最適なキッチンとは?キッチンのタイプ別にメリットデメリットを解説します。"

壁付けキッチンは、オープンキッチンとなっており、壁に寄せてキッチンが設置されています。調理スペースがコンパクトにまとまっており、空間を広く使いやすくなっています。


ペニンシュラ型

ペニンシュラ型は、別名「半島型」とも言います。
名前の通り、コンロやレンジフードなど、設備の一部を壁に寄せるため、まさに半島のような形になっています。
 

アイランド型

 

キッチンをリノベーションしたい!あなたに最適なキッチンとは?キッチンのタイプ別にメリットデメリットを解説します。"

アイランド型は、別名「島型」と言います。
シンクやコンロなどが完全に壁から離して独立した島のようになっています。
 

あなたにはどれが最適?キッチンのタイプ別メリットデメリット

次に、各キッチンタイプ別にメリットとデメリットをみていきましょう。
 

壁付けキッチンのメリットデメリット

【メリット】

空間効率がキッチンタイプの中でも一番良いとされており、コンパクトに収まり、場所をとりません。

壁側に窓がある場合、いつでも開閉が可能で換気をしやすく、外の景色を眺めながら料理することもできるため、リフレッシュにもなります。

ダイニングテーブルをキッチンの背面に置くこともできるので、料理と同時並行でお仕事をしたり、本を読んだりすることもできるほか、配膳・片付けの動線が短くなります。

【デメリット】

キッチン空間がコンパクトであるがゆえに、調理器具などの収納には工夫が必要です。

キッチンすべてがリビングダイニングから丸見えの状態になるので、常にきれいに保っておきたいところです。

壁付け型故に壁に向かって調理をしなければならず、リビングの家族の様子やテレビが見えないのは不便だと感じる人もいるようです。
 

ペニンシュラ型のメリットデメリット
 
【メリット】

リビングで過ごしている子供の様子を見ながら、調理できると安心感があります。

同じ対面式の「アイランド型」と比べ、設置スペースは小さいため、場所をとらず、狭い住宅でもスペースを取りすぎずに設置をすることができます。

【デメリット】

アイランド型と比べると、壁側に寄せてキッチンを設置しているため、少し窮屈に感じたり、機動性が悪いと感じる方もいるようです。

ぺニンシュラ型は、リビング側を向いて調理するため、リビング側にニオイや汚れが飛ぶこともあります。汚れを防ぐことができる壁を、コンロ前やシンク前に設置することで防止することはできます。
 

アイランド型のメリットデメリット
 
【メリット】

アイランド型の設置場所が壁に接しないようになっているため、開放感があり、どこからでもキッチンに入ることができる便利さがあります。
移動のしやすさは、料理を運ぶ際、片付けの際に威力を発揮します。

広いスペースが使えるアイランドキッチンは、動線が円になるため、数人で調理をしても窮屈に感じません。

アイランドキッチンはレイアウトの自由度が高いため、例えばアイランドキッチンにカウンターを設置したり、ダイニングテーブルをつけたりすることも可能です。

【デメリット】

アイランドキッチンは、壁から離して設置するため、キッチンの両サイドにスペースが必要です。お部屋が狭い住宅には、アイランドキッチンを導入するとスペースが取られてしまいます。

キッチンの様子は丸見えになるため、キッチンの上が汚れていたり、物が多いと生活感が出てしまい、せっかくおしゃれなアイランドキッチンも台無しになり、ごちゃごちゃした印象になってしまいます。
 

まとめ

今回は、キッチンタイプやそれぞれのメリットデメリットをご紹介しました。

キッチンをリノベーションするためには、キッチンスペースをどれくらい取れるのか、家族を見守れるような配置にするのかどうか、キッチンを見られてもいいような配置にするのか、など、考えるべきポイントはたくさんあります。

理想のイメージをきちんと明確化して、キッチンのリノベーションを進めていきましょう。

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  2. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  4. 「親子でお料理」で、おうち時間をENJOY!...

  5. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  6. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  7. vol.41【リノベ|インタビュー】「リノベ済物件✕再...

  8. 在宅ワーカー必見!スタイル別「書斎・ワークスペース」〜...

  9. 「勉強机どこにする問題」を解決!リビング?部屋?それとも?!

  10. 在宅ワークにおすすめ!マンションで叶う「書斎」事例9選

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表