&Renoトップ リノベーションのハウツー リノベーションとリフォームの違いは?メリット・デメリットもご紹介

リノベーションとリフォームの違いは?メリット・デメリットもご紹介

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4294

リノベーションとリフォームの違いは?メリット・デメリットもご紹介

最近では、自宅をリノベーションやリフォームする人が増えてきました。

また、リノベーション賃貸物件という言葉もよく耳にします。
 
「リノベーションとリフォームという言葉、よく聞くけど・・・。」
「リノベーションは、リフォームよりおしゃれな感じ?」
など、「リフォーム」と「リノベーション」の違いがわからないという人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、この「リノベーション」、「リフォーム」の違いを解説し、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

リノベーションとリフォームの違いは何?

それでは早速、リノベーションとリフォームの違いを見ていきましょう。
 

リノベーションとは

リノベーションとリフォームの違いは?メリット・デメリットもご紹介"

リノベーションは、既存の家を「つくり変える」ことを意味します。

間取り、内装、配管をすべてリセットし、住む人にとって過ごしやすく快適な家を実現できるよう、つくり変えるのです。

家を新たに建てることなく、既存の家をつくり変えて、新たな価値を与えることができる点から、購入した中古住宅をリノベーションして住む人も増えています。

また、マンション自体は古くても、部屋をリノベーションしてある物件を選んで住む人も多く、リノベーションの需要は高まっています。
 

リフォームとは

リフォームは、既存の家を「原状回復する」ことを意味します。

築年数が長い家はどうしても、外装・内装だけでなく、トイレ・キッチン・バスなど、毎日使用するものも老朽化してきます。

部分的に修理したり、新品に取り替えたり、外装・内装を新しくしたりなど、リフォームすることで、家を原状回復させます。
 

結局リノベーションとリフォームの違いは何?

リノベーションとリフォームの違いは、「既存の家をつくり変えてしまう」か「メンテナンスをする」かです。

また、リフォームは、部分的に改修工事を行うだけなので小規模ですが、リノベーションは、間取りを変更したり、内装や配管まで新たにつくり変えたりするため、比較的大規模な工事となり、その分工事期間も長くなります。

 リノベーションがよいのか、リフォームがよいのかは、状況により選択が変わってくるため、次にご紹介するメリット・デメリットも確認しながら検討をしましょう。

リノベーションとリフォームのメリット・デメリット

リノベーションは大規模に家をつくり変えてしまえることから、メリットも多い反面、デメリットも存在します。

またリフォームもメンテナンスしたいポイントに絞って工事できる点から、メリットの方が思いつきますが、デメリットも存在します。


リノベーションとリフォームのメリット・デメリットをきちんと知っておきましょう。

 
リノベーションのメリット

 

リノベーションとリフォームの違いは?メリット・デメリットもご紹介"

【新築よりも安く理想の家が手に入る】
中古住宅を購入してリノベーションすると、新築を建てるよりも費用を抑えることができます。
例えば中古マンションを購入してリノベーションする場合、新築の約半分くらいの価格で購入することができます。さらにリノベーション費用を上乗せしたとしても、新築よりも安い価格にすることができるため、支出を抑えることが可能です。
 
【理想の家づくりにとことんこだわることができる】
リノベーションは、間取りや壁紙、床、照明、キッチン、トイレ、バスなど、自分で選択していくことができるため、こだわりのオリジナル空間を作り出すことができます。
また、リノベーションの場合、既製品だけではなく、オーダーメイドのキッチンや洗面所なども導入することができ、とことん自分好みの空間を追求することができます。
 
【住む場所の選択肢が豊富】
中古住宅を購入してリノベーションする場合、中古住宅は至るところで売りに出されているため、居住エリアの選択肢は広いと言えます。
 
 
リノベーションのデメリット
 
【リノベーションの費用が事前には明確にわからない】

リノベーションの費用は、見積もりを依頼し、丁寧に説明をしてもらわないと、わかりにくいことが多いので注意が必要です。
自分がどのようにしたいのか明確に伝え、きちんと担当者と打ち合わせを詰め、見積もりを出してもらうようにしましょう。
 
【中古住宅の耐震性には気をつけるべき】

中古住宅を購入してリノベーションをする場合、気を付けなくてはならないのが耐震性の問題です。
1981年に耐震基準が改正されたため、1981年以前に建てられたマンションや住宅の場合、現在の耐震基準を満たしていない可能性があります。
その場合、大きな地震が起きた際には住宅倒壊などの被害が予想されるため、中古住宅を購入する際には、新耐震基準を満たしているのかどうか、不動産会社へきちんと確認を取りましょう。
(参考:SUUMO 「早分かり!耐震性の目安、改正後の新耐震基準について学ぼう」
 
リフォームのメリット

リノベーションとリフォームの違いは?メリット・デメリットもご紹介"

【工事期間が短く、費用が安い】

リフォームはリノベーションと違い、一部のみ工事を行うため、短い工事期間でリフォームが完了します。
また、同時に大規模な工事をしないため、リノベーションと比較すると安い費用でリフォームをすることができるのです。

 
【仮住まいを必要としない】

工事期間が短いというメリットの延長として、仮住まいを用意する必要がない点もリフォームの良いところです。

仮住まいを用意するとなると、引越しをしなくてはなりません。

引越しの費用や、家賃も発生するでしょう。

さらに、予算の関係で仮住まいに選んだ住宅が暮らしにくい立地・間取りだったりすると短期間とは言え、ストレスも発生します。

それ故、仮住まいで暮らさなくて良いというのは、大きなメリットなのです。


リフォームのデメリット

【間取り変更ができない】

リフォームはリノベーションとは違い、間取りなどは変更できません。

あくまで住宅の一部の原状回復であるため、そのような工事をする場合には、リノベーションの施工が必要となります。

 【工事内容によっては費用が高くなる可能性がある】

リフォームでリノベーションのような工事をしようとすると費用が高くなります。

内装・外装や、表面的な工事はリフォームで対応可能ですが、内部構造を強化するといった改修をリフォームの範囲で行うと、どうしても費用は高くなってしまいます。

また、それにも関わらず、見た目にそれほど変化は見られません。
 

まとめ

「リノベーション」、「リフォーム」の違いはおわかりいただけましたでしょうか?

これから住まいをどうしていきたいのか、予算や工事期間、どういった住まいでの暮らしが、快適な暮らしを実現できるのか?など、状況と理想の暮らしをきちんと把握・計画した上で、「リフォーム」をするのか、「リノベーション」をするのか、選択しましょう。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  4. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  5. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  6. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  7. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  8. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  9. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  10. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表