&Renoトップ リノベーションのハウツー リビングをリフォームしたい!かかる費用や注意点を徹底解説

リビングをリフォームしたい!かかる費用や注意点を徹底解説

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4293

リビングをリフォームしたい!かかる費用や注意点を徹底解説

リビングは、家族が一緒に過ごすことが多い部屋です。リビングの使い勝手の悪さを解消して快適に暮らすために、リフォームを検討する人も多いのではないでしょうか。

リビングのリフォームを考えるときに気になることのひとつは費用です。そこで今回は、リビングのリフォームの費用相場と工事期間についてまとめました。リフォームを検討している方は参考にしてください。

リビングリフォームの費用

リビングをリフォームしたい!かかる費用や注意点を徹底解説"

リビングのリフォームに関しては、目的や内容によって費用が異なります。リフォームの内容とかかる費用の目安は以下のとおりです。


壁紙やクロスの貼り替え

壁紙やクロスの貼り替えは素材の種類にもよりますが、一般的に1平方メートルあたり1,000~1,500円と言われます。6畳ほどの広さのリビングについては、工事費込みで10~15万円の費用メドでしょう。工事期間も短く、簡単なクロスの貼り替えのの場合は1~2日で終わります。比較的手軽に部屋の雰囲気を変えたいという人にはおすすめでしょう。


フローリングの張り替え

リビングのフローリングの張り替えは使用する床材によっても異なりますが、6畳のフローリングの張り替えを行う場合には10~15万円程度かかるでしょう。工事期間は2~5日です。

複合フローリングを使用した場合は、材料費と工事費を合わせて1平方メートル当たりおおよそ7,000~1万円。一方、無垢材を使用したフローリングについては、材料費と工事費を合わせて平方メートル当たり1万3000~2万7,000円ほどかかると言われます。

使用する床材に関しては、予算や目的などの観点から決定するとよいでしょう。 また、床材の単価差がわずかでも、広範囲に張り替えると大きな金額差になってしまいます。リフォームする範囲を想定したうえで、予算を決めることがおすすめでしょう。


床暖房の設置

リビングの床暖房は、電気式と温水式の2種類があります。

電気式はヒーターパネルを床に埋め込むタイプです。水温式よりも部屋が早く暖まりやすいというメリットがあるとされます。また、温水式よりも設置費用は安いという強みも持っています。

温水式は床暖房パネルにお湯を循環させて部屋を暖めるタイプです。ガスや電気、灯油などを使用してお湯を作ります。電気式と比較した場合、設置工事の費用は高くなりますが、ランニングコストが安いという強みもあります。

部屋の大きさによっても異なりますが、15帖程度のリビングに床暖房を設置する場合は80~110万円の費用がかかるでしょう。尚、温水式の場合には、別途に熱源機の設置費用に30~50万円ほど必要です。
いずれも工事期間は1~4日と言われます。


壁面に収納スペースを設置

リビングの壁面に収納スペースを設置するリフォームは、空間を広く見せることができ、リビングの雰囲気に合わせた収納ができるので、注目されています。費用メドは20~35万円ほどと言われます。さらに、収納に扉を取り付けるかによって、費用が5~13万円程度変わります。


間接照明の設置

間接照明を設置すると部屋をおしゃれに演出できるのでおすすめです。光源を壁に当てて間接的な光の空間を作ったり、光の色を変えて部屋の雰囲気を変えたりもできます。

間接照明を設置する場合の費用目安は50~70万円です。配線のために天井や床をはがす必要があるので費用はそれなりにかかってしまうと覚えておきましょう。


間取りの変更

間取りの変更に関しては、既存の状態とリフォームの内容によって価格にかなりの幅があります。

リビングとダイニングをつなげてLDKにする場合の費用メドは100~300万円です。壁の撤去やフローリングの張り替えなどが必要になるでしょう。

リビングとキッチンをつなげてLDKにする場合の費用はおおよそ150~300万円です。壁の撤去に加えて、配管工事などが必要になる場合もあります。

間取り変更のリフォームは壁の撤去で4~6日、間仕切りの設置で1~3日かかると言われます。リビングの広さによっては1週間の工事期間が必要な場合もあるでしょう。

また、マンションについては、壁の撤去が難しい場合もあります。あらかじめ、管理組合や業者への確認をおすすめします。

リビングリフォームでの注意点

リビングをリフォームしたい!かかる費用や注意点を徹底解説"

リビングのリフォームは、予算や目的によって費用が異なります。どの部分をリフォームするのかをあらかじめ決めておくことが大切でしょう。

また、リフォームを計画する段階ではさまざまなものを試してみたくなりますが、後になって「やっぱり必要なかった」と感じてしまうこともあります。そのため、5年後や10年後をイメージして、本当に必要なリフォームだけを選択するようにしましょう。


リフォーム業者の実績をチェックする

リフォーム業者を選ぶときには、業者の実績をチェックしておきましょう。リフォームの経験の多い業者に関しては、メーカーの取引も多いので壁紙や床材などを安く仕入れてもらうことも可能かもしれません。

まとめ

リビングをリフォームしたい!かかる費用や注意点を徹底解説"

リビングのリフォームは目的や内容によって費用が様々だとおわかりいただけたかと思います。

家族全員が寛いで過せるリビングの実現に向けて、リフォームを行うときには、家族構成やライフスタイル、そして将来の変化に備えた計画をできるだけ具体的に検討して取り組むことをおすすめします。また、優先順位をつけると、本当に必要なリフォームだけを選ぶこともできるでしょう。

参考
リビングのリフォーム費用の相場はどのくらい?
リビングをリフォームする費用は?
リビング(居間)リフォーム/リノベーションの費用相場!画像・施工例22選!
間取り変更をするリノベーションの費用は?
【場所別】リフォーム工期の目安はどのくらい?

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.23【リノベ|インタビュー】ひと続きの土間とリ...

  3. vol.32【リノベ|インタビュー】抜群の収納力と余白...

  4. 住宅ローン返済いつから?~家賃と二重払いにならないリノ...

  5. 【不動産のプロから学ぶ】失敗しない物件探し。優先順位を...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表