&Renoトップ リノベーションのハウツー リフォームのイメージ固めにショールーム見学を

リフォームのイメージ固めにショールーム見学を

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4239

リフォームのイメージ固めにショールーム見学を

リフォームで大切なのはイメージ固め。リフォーム後にどのような空間にしたいか?とはっきりとさせることです。そのための方法は、Webを活用したり雑誌を手にしたりと色々ありますが、とりわけ役に立つのがショールーム見学でしょう。現物を目にしたり触れたりすることでイメージがより固まりますし、リフォーム全般の相談ができたりするのです。

今回は「メーカー系ショールーム」と「工務店系ショールーム」の二つをあげて、それぞれをどのように活用すればよいかをお話します。

メーカー系ショールームのリフォーム活用法

たとえば新しいシステムキッチンに入れ替えるリフォームを考えていたとしましょう。従来よくあったのが、業者がオススメしてくれるキッチンに入れ替えるというもの。現物に触れることなく、言われるがままキッチンを入れ替えていたケースがほとんどでした。

しかし考えてみれば、毎日使うキッチンの現物を知らずに入れ替えてしまうのは危険なことではないでしょうか。同じメーカーでも別のブランドなり他のメーカーなり、もっと良い選択肢があったかもしれませんし、キッチンにより愛着がわくようになったかもしれないのです。

そこで足を運びたいのがメーカー系のショールーム。業者おすすめのメーカーだけでなく、めぼしいメーカーのショールームまで足を運び、ベストの相性のものを選びましょう。
 

ショールームでリフォーム素材に触れること

リフォームのイメージ固めにショールーム見学を"

メーカー系のショールームで確かめたいは、実際の使い勝手や色目など。カタログやWebでは知ることができないところを確認しましょう。しかし、漠然と触れたり見ているだけでは要領を得ません。各メーカーの特徴や得意としているポイントを頭に入れて、重点的にチェックすることをおすすめします。


実際の使い勝手の確認

ショールームでは可能な限り現物に触れましょう。システムキッチンなら水栓やIHヒーター、収納の使い勝手はもちろん、排水口やレンジフードの掃除のしやすさも使い勝手の重要なポイントです。また最近のシステムキッチンは、使う人の身長によって高さが選べるシリーズも多数あります。使いやすい高さの設定があるかも忘れずにチェックしておきましょう。


色目・質感の確認

キッチンならばワークトップ(天板)は人工大理石にするのかステンレスにするのか、化粧板は天然木かメラミン、はたまたホーローか。カタログやWebではわからない色目や質感をチェックするのも大切です。キッチンなんでどれも同じといいながらも、どうせならお気に入りのものに入れ替えたいのでは? お気に入りキッチンで日々のお料理にも力が入ることでしょう。
 

工務店系ショールームのリフォーム活用法



近年ではリフォームを得意とする工務店もショールームを持つようになりました。これらに足を運ぶのは「何となくリフォームをしようかな?」と考えているタイミングが多いようです。リフォーム全体のイメージが固まる前でしょう。

工務店系ショールームが得意にしているのは、単なるシステムキッチンの入れ替えというよりも、キッチンとダイニングルームをまとめてリフォームすることで、生活の質を向上させるなどの提案です。

現物をチェックするのがメーカー系ショールームの主な役割とするならば、リフォーム全体のコンサルティングを依頼するのが工務店系ショールームの役割と考えることができるでしょう。


工務店が得意とするテイストのチェック

工務店系のショールームには、手がけてきたリフォームの実績写真や実際のアイテムを使っての実例が展示してあるものです。これらを眺めていれば、どんなテイストを得意としているかの判断も付くはず。ご自身が理想とするリフォームのイメージが固まっていくようなら、その工務店に相談する価値はあるでしょう。


工務店との相性をチェック

リフォームを得意とする工務店系のショールームには、アドバイザーが常駐する場合も多くなってきました。彼らと雑談をすることでご自身との相性もわかるはず。もしもリフォームを依頼するとなると長い付き合いになりますから、彼らとの相性は非常に重要なポイントでしょう。その工務店が信頼できるかどうか?の判断も大切です。


アイテムの確認

工務店系のショールームでは、大手メーカーにはないアイテムを展示しているケースがよくあります。輸入アイテムだったり個性的なメーカーだったりと、工務店ならではのアイテムを並べているケースも多いものです。

そんなアイテムに実際に触れることができるのも、工務店系ショールームの大きな魅力。個性的なキッチンリフォームを依頼できるかもしれません。
 

まとめ

リフォームの最後の確認に足を運ぶべきがメーカー系ショールーム、リフォームのプラン段階から出向くべきが工務店系ショールーム、こんな風にいうこともできそうです。

両者のショールームに共通して言えるのは、リフォームのイメージの具体化に役立つということ。満足がいくリフォームにするためにも活用は欠かせないということです。現物を確認する、リフォームを一から考える。ショールームを大いに活用したいものですね。
 

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  2. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  4. 「親子でお料理」で、おうち時間をENJOY!...

  5. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  6. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  7. vol.41【リノベ|インタビュー】「リノベ済物件✕再...

  8. 在宅ワーカー必見!スタイル別「書斎・ワークスペース」〜...

  9. 「勉強机どこにする問題」を解決!リビング?部屋?それとも?!

  10. 在宅ワークにおすすめ!マンションで叶う「書斎」事例9選

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表