&Renoトップ リノベーションのハウツー キッチンのリフォームはいくらかかる?費用相場や費用の抑え方を伝授します

キッチンのリフォームはいくらかかる?費用相場や費用の抑え方を伝授します

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4158

キッチンのリフォームはいくらかかる?費用相場や費用の抑え方を伝授します

キッチンリフォームといっても、キッチンのタイプによって金額が大きく変わります。実際にキッチンリフォームを検討中の方は「どれくらいの費用でキッチンのリフォームができるのか」「事例ごとにいくらかかるのか知りたい」など、まずは費用面に関して把握をしておきたいですよね。

そこで今回は、キッチンリフォームの費用相場と事例ごとにかかる費用、リフォーム費用を抑える方法をご紹介します。

キッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォームの費用相場は50万円〜200万円です(出典:キッチン・台所リフォームの費用と相場)。

費用相場にはかなり幅がありますが、この金額の開きの理由はリフォーム内容によって金額が大きくなったり小さくなったりするためです。

キッチンの中でも部分的な工事(コンロ・換気扇・食洗機の交換や設置)は30万円以内で工事できます。ミニキッチンであれば、50万円未満で工事をすることが可能です。

キッチン全体を丸々交換する工事となると、およそ50万円以上150万円未満ほどの金額が必要になります。

キッチンのサイズ・グレード・性能・キッチンの位置変更をするかどうかによっても費用が違います。さらにキッチンの壁紙や床なども張り替える場合は、プラスで費用が発生することを知っておきましょう。
キッチン全体の交換に加えて元々のキッチンの位置を変更して取り替えとなると、配管工事(水道・電気・ガス)が必要となります。その場合、費用は150万円を超えます。

キッチン自体を特注品や高級品にしたりキッチン取り替えにともない内装の補修が広範囲で必要となったりする場合は、300万円を超える費用が必要になる場合があります。

リフォーム事例

リフォーム内容:古くなって使い勝手の悪くなったキッチンをミニキッチンへ取り替え。キッチン位置は変更なし。
建物のタイプ:戸建住宅
価格:45万円
工期:1ヶ月
(出典:若々しく可愛らしいキッチンになりました。

リフォーム内容:古いキッチンを新しいシステムキッチンへ取り替え。キッチン位置は変更なし。
建物のタイプ:戸建住宅
価格:87万円
工期:3ヶ月以上
(出典:お手入れと使いやすさがアップしたキッチン

リフォーム内容:L型壁付けタイプのキッチンを、カウンター一体方の対面式キッチンへ取り替え。
建物のタイプ:戸建住宅
価格:120万円
工期:3ヶ月以上
(出典:インテリアにもなるキッチン

リフォーム内容:壁付きキッチンを対面式のキッチンへ変更。
建物のタイプ:戸建住宅
価格:148万円
工期:1ヶ月
(出典:壁付きのキッチンから対面式の明るいキッチンに大改造!

リフォーム内容:壁付きキッチンを対面式キッチンへ取り替え。
建物のタイプ:戸建住宅
価格:180万円
工期:1ヶ月
(出典:毎日大変な家事を快適に!作業動線が短く効率的な対面キッチン

工事費用の抑え方

キッチンのリフォームはいくらかかる?費用相場や費用の抑え方を伝授します"

リフォームの内容によっては高額な費用がかかるキッチンリフォームですが、費用を抑える方法もあります。それは、「キッチンの各パーツの素材やオプションを厳選する」ということです。詳しくみていきましょう。

パーツの素材1:キャビネットや吊り戸棚の素材
キャビネット・吊り戸棚の素材には、天然木・ステンレス・メラミン化粧板・塗装(UV/ウレタン)・オレフィン化粧板などがあります。オレフィン化粧板は低価格で取り入れることが可能ですが、天然木は高価格となっています。バランスよく機能とコストを取り入れたい場合は、比較的低価格で傷や汚れがつきにくいメラミン化粧板がおすすめです。

パーツの素材2:キッチン天板の素材
まな板やボウルなどを置いたり食材を切ったりする際に使用するキッチン天板の素材にも、様々な種類があります。具体的には、天然石・人工大理石・ステンレス・タイル・メラミン化粧板などです。メラミン化粧板が一番安価で、傷や汚れもつきにくくおすすめです。天然石が一番高級な素材ですが、取り入れることによって高級感や品が一段と際立ちます。

パーツの素材3:シンクの素材
シンク(流し台)の素材は人工大理石・カラーステンレス・ステンレスが多いですが、中でもステンレスが安価でおすすめです。ただしメーカーやシステムキッチンの商品によって値段が異なりますので、価格の確認が必要となります。

オプション1:換気設備の種類
キッチンの換気設備には、換気扇もしくはレンジフードがあります。換気扇はプロペラ状の羽がついているファンであり、屋外と面する壁に取り付けてファンが吸い込んだ空気を屋外に排出します。レンジフードは、縦長の羽が円筒状に取り付けられ吸い込んだ空気をダクトを通して排出します。換気扇はレンジフードに比べると値段が安価ですが音がうるさいなどの難点もあるため、自宅の環境にとってお金をかけるべきポイントなのかどうなのかを考えてから決めるといいでしょう。

オプション2:コンロや食洗機、オーブンの追加
ガスコンロをIHクッキングヒーターへ変更すると、費用が高くなります。キッチンに食洗機やオーブンをオプションで追加すると、数十万円追加料金が必要になるなど高額な費用が必要となります。IHクッキングヒーターや食洗機、オーブンをキッチンに取り入れる際には電気工事も必要です。予算が限られている場合は、長い目で見て「本当に必要な機能なのか」をよく考えましょう。

まとめ

キッチンリフォームの費用相場は、どういうリフォームをするかによって費用に差が出ることが分かりました。キッチンの配置や細かいパーツやオプションなどで費用を抑えることも可能です。予算を決めてリフォーム会社と相談しながら「お金をかけるべきポイント」「費用を削ってもいいポイント」などを決定していきましょう。

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.23【リノベ|インタビュー】ひと続きの土間とリ...

  3. vol.32【リノベ|インタビュー】抜群の収納力と余白...

  4. 住宅ローン返済いつから?~家賃と二重払いにならないリノ...

  5. 【不動産のプロから学ぶ】失敗しない物件探し。優先順位を...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表