&Renoトップ リノベーションのハウツー キッチンのリノベーションで押さえておきたいポイント

キッチンのリノベーションで押さえておきたいポイント

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4135

キッチンのリノベーションで押さえておきたいポイント

キッチンをリノベーションしようと漠然と思っていても、なかなか具体的なイメージを抱けるものではないでしょう。かといって、具体的なイメージがないと他の人には伝わりません。

業者にしても「とにかく良いキッチンにしてほしい」と言われたところで困ってしまいます。そこで、この記事では、キッチンをリノベーションするにあたり、どんな点に着目すべきか、どのような点を押さえておくべきか、失敗しないためにどんなポイントに注意すべきか等を紹介していきます。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

自分の理想とするキッチンのイメージを人に伝える

キッチンのリノベーションで押さえておきたいポイント"

自分のイメージする理想的なキッチンを人に伝えるためには、押さえておくべきポイントがいくつかあります。以下、順に紹介していきます。


今のキッチンに足りない点を伝える。
自分の理想を一から描くことは、実は大変です。何もないところから想像するわけですから。でも、今のキッチンに足りてないところや、もっとこうしたいところを洗いだすのなら比較的容易にできます。日々の生活でいつも感じていることを思い出しましょう。そこで、理想のキッチンをイメージするため、今、使っているキッチンの不満点をピックアップしましょう。その不満点を改善したものがあなたの理想とするキッチンとなります。

また、この不満点を洗い出す場合、他の家族の意見も取り入れましょう。他の家族の意見を取り入れることにより、自分が気付かなかった改善点が明らかになり、よりよいキッチンに仕上げることにつながります。


必要な設備、足りない設備をピックアップ
不満点、改善点が出てきたら、解決方法を考えましょう。リノベーションしようとするキッチンに必要な設備も明らかになってきます。それは食洗器かもしれないし、もっと大きな収納かもしれません。キッチンボードをもっと、大きくしたい、またはコンパクトにしたいのかもしれません。このように、必要とする具体的な設備をピックアップし、それを家族の意見を取り入れて、より理想的なキッチンのイメージを固めていきます。

欲しい設備が決まれば、必然的に間取りも決まります。キッチンの間取りは大きく分けるとI型キッチン、II型キッチン、L型キッチンに分けられます。

I型キッチンとは、コンロ、調理台、シンクが一列に並んだキッチンです。キッチンの中でも最も普及しているタイプといえます。コンパクトなスペースに収まります。

II型キッチンとは、シンク、コンロ、キャビネットが並列しているタイプのものです。セパレートキッチンとも呼ばれます。I型と比べスペースはとりますが、作業効率が良くなります。また、キッチン自体のスペースが広く、収納もⅠ型に比べ多くなります。

L型キッチンとは、キャビネットをL型に配置したキッチンです。壁付け、対面、どちらにも対応できるので、様々なキッチンスペースに対応できます。

今、使っているキッチンの足りない点、もっとこうしたい点が明らかになれば、どのようなタイプのキッチンを導入すればよいかもおのずとハッキリするでしょう。

キッチンのリノベーションをする際、検討しておきたい点

キッチンのリノベーションで押さえておきたいポイント"

自分が求めるキッチンのイメージが固まってきたところで、さらにリノベーションを見据えたポイントを固めておく必要があります。


キッチンの外観面をチェック
キッチンは実際に毎日使う場所です。その外観は使いやすさ、日々の暮らしやすさに直結します。見た目のよさも重要ですが、そこで何をすべきか、何がしやすいかという観点からキッチンの外観面をチェックしましょう。

チェックすべき点としては、まず、レイアウトや動線が挙げられます。これはキッチンでの作業効率に直結する点です。キッチンからダイニングに料理を運ぶ際、動きにくくないか、冷蔵庫からシンクの距離、位置は長すぎることはないか、動きやすいか。キッチンのレイアウトは一度決めて工事が完了してしまうと、そう簡単に変えることができるものではありませんので、この点は事前に何度も検討を重ねましょう。


キッチンの機能面をチェック
機能面も事前につめておきましょう。

キッチンの機能を大きく左右するのが、キッチンの素材です。キッチンは水や油が跳ねやすく、汚れやすい場所です。すぐにふき取ることができ、尚且つ掃除しやすい素材であることが重要です。素材は吟味して選びましょう。

また、湿気・換気対策も重要です。キッチンは家の中でも特に湿気がたまりやすく、匂いが付きやすい場所です。匂いがこもってしまったり、それが定着してしまったりしては、せっかくリノベーションしたキッチンが台無しです。また、湿気もキッチンにカビを発生させます。ですからキッチンにおいて換気機能は、キッチンを清潔に使用し続けるうえでとても重要な設備です。
ダクトは取り付けることができるのか、換気扇はちゃんと機能する位置にあるのか、事前に十分にチェックしておきましょう。

キッチンの重要な機能として忘れてはならないのが収納力です。キッチンに収納力が十分にあれば、すぐに皿を取り出して盛り付けることができます。配膳もスムーズにいきます。ですから、キッチンにちゃんと収納スペースがあるかは、日々の暮らしの質を高めるために重要なのです。収納がどれくらいあるか、どの程度必要かは事前にチェックしておくべき事項といえます。

まとめ

いかがだったでしょうか。キッチンのリノベーションの具体的なイメージと言うのは最初から想像するのは難しいかもしれません。でも、この記事で紹介したポイントを押さえれば、あなたの理想とするキッチンがきっと見えてきます。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  3. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  4. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  5. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  6. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  7. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  8. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

  9. タイルならDIYしやすい?ひと味違う土間空間の演出

  10. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表