&Renoトップ リノベーションのハウツー センスが光る!かわいい二股コンセントにリノベーション

センスが光る!かわいい二股コンセントにリノベーション

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4069

センスが光る!かわいい二股コンセントにリノベーション

リノベーションとは住まいに手を加えることで、機能や価値を改善することです。間取りはどうしよう、インテリアはどうしようと構想を練るのは実に楽しい時間ですが、忘れがちなのが細かなリノベーション。たとえば二股コンセントのことも考えていますか?

コンセントを使いやすい位置に移動させるのはもちろんですが、あわせて考えたいのが二股コンセントの見た目。どれだけインテリアがバッチリでもコンセントなどのディテールが残念なものだと、今ひとつ決まらないものなのです。

「え?二股コンセントなんて、どれでも同じじゃないの?」

もちろん同じではありません。ここでは「かわいい」など外観に特徴のある二股コンセントをご紹介します。ディテールにこだわったリノベーションのヒントにしてください。

アメリカンスイッチとコーディネイト

センスが光る!かわいい二股コンセントにリノベーション" センスが光る!かわいい二股コンセントにリノベーション"

商品はこちら


大きすぎたり、LEDで光ったり。使いやすいのはいいけれど、見た目がいまいちというのが日本製のスイッチの弱点でした。そこで人気が高まっているのが「アメリカンタイプ」と呼ばれるスイッチ。無骨で昔ながらの見た目がかわいいと評判です。

何よりも見た目がかわいい!
ならば二股コンセントもアメリカンタイプにしてしまいましょう。特徴は日本で一般的なコンセントにアース穴が追加されていること。日本のコンセントが(||)ならアメリカンタイプは(|□|)という感じ、顔文字みたいでかわいいのです。

そのまま安心して使えます
アメリカンタイプが日本でそのまま使えるの?と疑問に思うかもしれませんが、上の写真で紹介しているタイプは、日本の電気用品安全法をパスしており「PSE」マークを取得済みですから安心して使えます。
日本製家電のプラグにはアースが付いていませんから、コンセントのアース穴は使いませんが、そのまま開けておいても全く問題はないのです。

色は白と黒の二色
アメリカンタイプのコンセントに用意されている色は白と黒。アメリカンタイプの二股コンセントはスイッチ同様、インダストリアル系のインテリアと相性が良いのですが、黒を選ぶとよりしっくり来るでしょう。

コンセントの周りを覆うプレートは金属製で決めてください。アメリカンコンセントは形状が大きく違いますから、日本製のプレートは使用できませんのでご注意を。

日本製の二股コンセントも見逃せません

pin
アメリカンコンセントの説明に力が入ってしまいましたが、日本製の二股コンセントも負けていません。
メーカーで注目すべきはパナソニック、さすが世界の松下電器だけあって二股コンセントのバリエーションもピカイチなのです。

レトロな「露出」二股コンセント
現在のコンセントは壁面に収められた「埋込タイプ」が主流ですが、昔ながらの「露出タイプ」の味わいも捨てがたいものです。ボックス状の二股コンセントがそのまま壁に付いている様は何ともかわいいもの。レトロ調やインダストリアル系のインテリアと相性も良いものです。

もちろん中にスペースの余裕がないコンクリート壁に設置するなど本来の使い方でも、露出二股コンセントは活躍してくれるでしょう。

二股コンセントの色で遊びたいならば
二股コンセントの色といえば白しか選べないと思っていませんか?壁紙や床をダークトーンでまとめたのに、二股コンセントが白というのは興ざめです。しかしパナソニックの「アドバンス」シリーズなら白以外にグレーとベージュが用意されていますし、二股コンセントを覆うプレートも同系統の色合いでまとめることが可能です。

また上質感を目指すなら、パナソニックの「グレーシア」シリーズ。二股コンセント自体の色はグレーだけなのですが、プレートの色が豊富に用意されており、ライトブロンズやダークブラウンなど高い質感のものを選べます。ぜひスイッチとコーディネイトしたいですね。

コンセントプレートなら種類も豊富
二股コンセントをかわいくリノベーションするには、専門の業者さんの手を借りる必要もあり、どうしても大掛かりになってしまいがちです。ご自身でコンセントをリノベーションしたいときに役に立つのがコンセントプレート。色も豊富に用意されていますし、金属や樹脂、陶器など素材も様々なものがそろっています。

うれしいのは同シリーズでスイッチカバーも用意されていることと、一枚数100円からと非常に安価なこと。気軽なDIYリノベーションで、お部屋にアクセントを加えられます。

(※コンセントそのものの工事については、電気工事士法によって、電気工事士の資格がない場合は修理作業を行ってはいけないということが定められており、違反すると罰金や懲役などの刑罰が科せられてしまいますので必ず専門の業者に依頼しましょう。)

まとめ

コンセントプレートだけでなく二股コンセント自体も安価ですから、部屋をリノベーションするときにはぜひ一緒に手を加えたいものです。しかし、コンセントの見た目だけでなく、位置のリノベーションも忘れてはいけません。間取りをどれだけ使いやすくしてもコンセントが使いにくければ、リノベーションは成功とはいえないでしょう。

家電が使いにくい、掃除機がかけにくい、数が足りないからタコ足配線だらけ……こんな残念なことにならないためにも、二股コンセントのリノベーションはお忘れなく。

 

■■関連記事■■こちらもチェック

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.23【リノベ|インタビュー】ひと続きの土間とリ...

  3. vol.32【リノベ|インタビュー】抜群の収納力と余白...

  4. 住宅ローン返済いつから?~家賃と二重払いにならないリノ...

  5. 【不動産のプロから学ぶ】失敗しない物件探し。優先順位を...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表