&Renoトップ リノベーションのハウツー 押入れをリフォームする際のポイント

押入れをリフォームする際のポイント

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/3972

押入れをリフォームする際のポイント

押入れは古くから日本家屋の収納として広く普及してきました。ですが、ベッドで就寝する生活により、布団をその都度収納する必要が減ってきたことや、畳んでしまう和服に代わり、洋服をハンガーに吊るして収納するようになり、クローゼットを好む人が増えてきました。

それに伴い、押入れからクローゼットにリフォームをするケースも増えてきています。そこで、この記事では押入れをリフォームする際のポイントをご紹介していきます。
 

押入れからクローゼットへ

押入れをリフォームする際のポイント"

従来、ほとんどの日本の家屋には押入れが備え付けられていました。布団で寝る生活様式にとって便利で、和室との相性も良いとされたからです。

ですが、近年、ベッドで寝るようになり、布団を収納する必要性が減ってきました。そこで、和室のない家屋や、和室を洋室にリフォームすることが増えてきて、押入れも変化する傾向にあります。また、押入れに湿気がたまったり、結露してしまうなどの点も敬遠されてしまう要素と言えるかもしれません。

このような事情から押入れからクローゼットへのリフォームが増えてきているのです。押入れとクローゼットは様式こそ違えど同じ収容空間です。押入れのスペースを活かしてクローゼットにリフォームすることは十分に可能です。ただ、クローゼットといっても色々な種類があります。クローゼットの種類によってリフォームの方式も変わってくるので、事前に、自分が押入れをどのようなタイプのクローゼットにしたいのか十分に吟味する必要があります。
 

押入れからリフォームできるクローゼットの種類と費用

押入れをリフォームする際のポイント"

押入れをクローゼットにリフォームできるとひと言でいっても、様々なタイプのクローゼットがあります。そして費用もそれにともなって異なってきます。以下、リフォームできるクローゼットの種類と費用目途を紹介していきます。

簡易タイプ
まずは、もっとも簡単にでき、費用も抑えられる方法です。中棚をなくして、ハンガーパイプを取り付けるだけです。

押入れは通常、収納空間の中央を中棚で仕切っています。これは上段に布団を収納すると腰をかがめる必要がなく便利だから。また、下段に比べ湿気がこもりにくく、カビなどから布団を守ってくれる利点があるとも言えます。

下段は、普段使うことのない小物を収納する傾向があります。これが従来の押入れの使い方でした。しかし、生活様式が変わりベッドで就寝するようになると押入れに布団をしまう必要が減ってしまいました。また、背の高い収納ケースの登場により、中棚が邪魔になることもあり得ます。中棚を取り外した方がより便利になってきたのです。

この要望に応えたリフォームが中棚をなくし、ハンガーパイプを付けるリフォームです。シンプルな工事なので費用も抑えることができます。通常の作業であれば、工費の目安は2.5~6万円で、押入れのサイズや中棚の造りにより価格幅があります。工事期間は1日程度と言われます。

押入れの襖からクローゼットの扉へ
生活スタイルの変化により和室から洋室へのリフォームが増えてきました。これにより、収納スペースも押入れからクローゼットへリフォームする傾向にあります。洋室の収納スペースが襖戸の押入れではアンバランスな空間になりそうですからね。

機能面においても、襖は引き戸なので収納スペースの出入り口として半分のスペースしか開くことができません。これでは収納しているものによっては出し入れが不便になってしまいます。

そこで次にご紹介するのは収納の出入口をクローゼットの扉にするリフォームです。襖をクローゼット扉にするだけで洋室との相性は相当に良くなります。機能面においても収納スペースの出入り口を全て使えるので物の出し入れがスムーズになります。

襖は簡単に外せますが、クローゼットの扉をDIYで取り付けるのはなかなか困難です。下部に扉が通る道を作る必要がありますし、扉枠を設置する必要があるからです。ここは、業者に頼んでみましょう。

業者に依頼する際に気になるのは費用です。収納スペースの大きさにもよりますが、通常であれば11万~20万円ほどの費用と言われています。

さらに大きな収納スペースへ 押入れをウォークインクローゼットに
収納スペースが押入れだけではまだ手狭に感じる場合、さらに収納スペースを広げて大容量なウォークインクローゼットに変えるという方法があります。

ウォークインクローゼットとは、ひとつの部屋の独立した空間をクローゼットすることです。今回のように押入れスペースを利用する場合、押入れと他の空間とを合体させてウォークインクローゼットにリフォームします。

リフォーム工事の内容としては、まず、押入れの解体・撤去が必要となるでしょう。また、押入れ部分の床は、部屋として利用している部分の床よりも弱い場合が多いです。ですから、床部部の補強工事が必要となる場合があります。さらに、衣類を掛けるハンガー用のパイプを通す工事や、棚を据え付ける工事を加えることがあるかもしれません。

さらに、扉を据え付ける工事やクローゼット自体の収納工事、さらに周辺空間の工事も必要となる場合があるため、かなり大規模な工事となる傾向にあります。また、費用も20万~50万円とそれなりにかかると心得ておきましょう。しかしながら、ウォークインクローゼットによる収納量増は、工事と費用に見合った効果が期待できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。押入れをクローゼットにリフォームする際のポイントがおわかりいただけたかと思います。

押入れをリフォームすることで、お部屋の雰囲気や収納量に合わせたスタイリッシュで便利な空間づくりが期待できるかもしれませんね。
 

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 在宅ワーカー必見!スタイル別「書斎・ワークスペース」〜...

  2. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  3. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  4. vol.41【リノベ|インタビュー】「リノベ済物件✕再...

  5. 在宅ワークにおすすめ!マンションで叶う「書斎」事例9選

  6. 「勉強机どこにする問題」を解決!リビング?部屋?それとも?!

  7. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  8. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  9. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  10. 住宅ローン返済いつから?~家賃と二重払いにならないリノ...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表