&Renoトップ リノベーションのハウツー 子供服の収納はリビングが便利!

子供服の収納はリビングが便利!

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/3960

子供服の収納はリビングが便利!

お母さんは、小さい子供がいるとお世話に毎日大忙しです。働くお母さんだとなおさらのことです。必要不可欠な子供のお着替えもできたら少しでも楽にしたいと考えるお母さんも多いことでしょう。

今回はお母さんの負担削減のため、子供服の収納をリビングにするメリットや収納方法をみていきたいと思います。

子供服をリビングに収納するメリット

赤ちゃんだとミルクの吐き戻しであったり、ウンチが漏れてしまったり着替えは1日に何度も必要となります。幼児になっても、食事や外遊びで洋服が汚れるなど、頻繁に着替えが必要です。

またお風呂に子供を入れるときには、すぐにパジャマや下着の準備が必要となります。この頻繁な着替えのために、洋服が離れた所にあると、わざわざ取りに行く仕事が増え、大変です。

その点、子供服をリビングに収納していると、ご飯を食べていても、外遊びから帰ってきても、お風呂に入る前にも、すぐに準備ができて便利です。

一方、子供服を片付けることに対しても、リビングで洗濯物を畳むご家庭が多いと思うので、畳んで片付けるのに同じリビングに収納があれば楽にこなせます。
子供服をリビングに収納するメリットは子供側にもあります。

幼稚園や保育園に通い出したお子さんだと、朝のお着替えやパジャマへのお着替えを、自分でやり始める子も出てくるでしょう。そうすると、親の目の届くリビングに子供服があると、お父さんお母さんに見守られながら、服を選んで着替えられ、親も子供も安心です。

洗濯した子供服も自分で片付けられるようになるといいですね。そのためには、ポンポンと服を放り込みやすい収納にしたり、どこに何をしまっているか分かりやすいように絵になったシールを貼ったりなど工夫が必要となってきます。

親にも子供にもメリットがある、リビングでの子供服収納、1度検討してみてはいかがでしょうか。

リビングでの子供服収納場所

家族みんなが過ごすリビングなので、子供服も乱雑にならないように、すっきりと収納できるのが理想です。そこで、リビングでの収納場所はどこがいいのか、いくつかご紹介します。

クローゼット
最近の家ですと、リビングに収納がついている家も多いのではないでしょうか。
日用品の収納はもちろんですが、クローゼットの一部を子供服収納にしてしまえば、すっきり収納できます。また収納位置をクローゼットの低いところにしておくと、子供も自分で服を選びやすく、お着替えしやすくなります。

チェストやスタッキングシェルフ

pin
シンプルなチェストやスタッキングシェルフに子供服を収納します。
リビングに置いていても子供服が入っていると分かりにくく、違和感なく空間に溶け込みます。また子供服収納が必要でなくなった時にも、別の用途に使えるので、無駄がありません。
チェストやスタッキングシェルフだと、上に小物などを飾ってディスプレイを楽しむこともできます。

子供コーナー

pin
子供コーナーを作成し、そこに子供服を収納します。
子供服と共に、幼稚園や保育園に行くのに必要な物も一式収納していると、子供も自分で着替えて準備がしやすくなります。靴下や下着など細々としたものはボックスに隠して収納すれば、リビングの雰囲気もすっきり保てるのでおすすめです。

写真の子供コーナーはニトリのカラーボックスをDIYして洋服掛けも作っています。自分たちで工夫してDIYすると、納得するものが作れるので、DIYに興味がある人は挑戦してみてはいかがでしょう。

子供が片付けやすい子供服収納の工夫とは?

子供が自ら洋服を片付けるようになるには、収納方法にも工夫が必要です。子供が片付けやすいような、子供目線の子供服収納のやり方についてみてみましょう。

緩い収納にする
洋服を畳むのがまだ難しい子供だと、1つのボックスに1アイテムとして、ポイポイ放り込んでもOKとすると、子供が片付けやすくなります。まだ小さい子供だと、箱に入れられただけで、「すごい!」と褒めてあげると、きっと嬉しくてやる気が出るでしょう。
また洋服を畳める子供でもキツキツにならないように、量を調節してゆとりがあるくらいの収納にしておくと、片付けやすいです。緩い収納になるように工夫しましょう。

絵のシールを貼る
pin
収納するアイテムごとにシールを作り、収納場所に貼ると子供は理解しやすくなります。
まだ小さいころは、絵を見て理解しますが、もう少し大きくなると、絵の横にひらがなで表記をすることで、ひらがなの勉強にもなり、一石二鳥です。

子供がどこに何を片付けたらいいのか、理解しやすく、片付けしやすくするのが片付け上手への近道です。

かける収納にする
pin
大人でも服を畳むのが億劫なときもあります。子供ならなおのこと、大変なことではないでしょうか。
畳むのが苦手な子供には、掛けて収納する方法がおすすめです。こんなかわいい洋服掛けなら、リビングの一角に置いても素敵です。
上の服だけでも、このように掛ける収納にすると、子供も選びやすく片付けしやすい収納になるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?リビングに違和感なく子供服収納を設置することで、忙しいお母さんにとっても、子供にとってもプラスになることが多いはずです。

色々と子供服の収納方法を工夫することで、お父さんやお母さんに見守られながら、子供も自分の洋服のお片付けが習慣になります。
また子供のお世話に、家のこと、仕事に忙しいお母さんは、リビングに子供服収納があることで、少しでも負担が減るのではないでしょうか。

ぜひ、自分の生活リズムと照らし合わせて、子供服の収納場所、収納方法を今一度見つめ直してみましょう。

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 在宅ワーカー必見!スタイル別「書斎・ワークスペース」〜...

  2. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  3. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  4. vol.41【リノベ|インタビュー】「リノベ済物件✕再...

  5. 在宅ワークにおすすめ!マンションで叶う「書斎」事例9選

  6. 「勉強机どこにする問題」を解決!リビング?部屋?それとも?!

  7. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  8. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  9. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  10. 住宅ローン返済いつから?~家賃と二重払いにならないリノ...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表