&Renoトップ リノベーションのアイテム ルーバーとは?その役割とメリットについて説明し、施工例を紹介します。

ルーバーとは?その役割とメリットについて説明し、施工例を紹介します。

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/3946

ルーバーとは?その役割とメリットについて説明し、施工例を紹介します。

ルーバーという言葉を聞いたことがありますか。よく耳にする人からあまり聞いたことがない人までいるかもしれませんが、実際どんな目的で使っているのか、メリットを理解していない人が多いのではないでしょうか。

今回、この記事ではルーバーについて説明し、その役割やメリット、施工例について紹介していきます。

ルーバーとは

ルーバーとは?その役割とメリットについて説明し、施工例を紹介します。"

ルーバーとは、細長い羽板を枠に対して一定の間隔で隙間を空けて水平に並べたものを言います。別名「ガラリ戸」や「よろい戸」とも言われており、横と縦に置く2種類のタイプがあります。

ルーバーの役割
ルーバーの役割は主に「日よけ」「目隠し」などのプライバシーを確保する為に使われますが、羽板の角度を調整できますので光の遮断や換気の調整を行うことも可能です。また、エアコンの室外機を隠したり、建物のデザイン性を高めたりする役割もあります。

素材によって洋風・和風にもできる
ルーバーに使われている素材は様々あり、それを活かして洋風・和風の雰囲気を持たせることも可能です。尚、ルーバーの素材としては下記のような例があります。
 

素材名

メリット

デメリット

天然木

長く使うと深い味わいが出る

DIYがしやすいので手作りすることが可能

自然の温かみがある

虫がつく可能性がある

腐っていく

定期的なメンテナンスが必要

人工木

虫がよらない

耐久性が高い

天然木と比べてメンテナンスは基本不要

天然木と比べて高い

夏は表面が暑くなってしまう

アルミ

腐りにくい

錆びにくい

耐熱性に優れる

カラーバリエーションが少ない

塗装などの加工がしにくい

衝撃に弱い

ガラス

明かりを通せる

開けていても防犯効果は高い

割れやすく怪我する危険性も

ルーバー用のガラスは高い


このように様々な素材があるため、アルミなどのルーバーならモダンな感じに仕上げることが可能になり、天然木・人工木であれば優しいぬくもりに仕上げることもできます。また、ガラスであれば明るい演出をすることも可能です。

自分がどのような雰囲気にしたいのか、洋風・和風のどちらにこだわるかによって変わってきますので、メリット・デメリットなども考えて選ぶと良いでしょう。

ルーバーのメリットとは

次にルーバーのメリットについて紹介していきます。

直射日光の遮断
室内を薄暗くしない為にもある程度の光は取り入れなければなりませんが、畳や家具などは直射日光に当たると紫外線によって劣化が早まってしまいます。また、直射日光を室内に入れるということは冷暖房の効率を考えると決して良いとは言えないでしょう。
角度を調整できるルーバーを設置することで直射日光を防ぎ、ちょうどよい光を室内に取り入れることが可能になり、冷暖房の効率を上げられます。

外からの視線を遮断できるので防犯にも期待
窓の大きさ、道路の距離などで部屋の中が丸見えで困っている方もいるでしょう。カーテンという手もありますが、換気する時に結局全開にしなければならず、防犯面で不安が残ります。
ルーバーであれば、状況に応じて羽板を動かすことで風の入れ具合などを調整でき、外の視線を防いでくれるので防犯効果にも期待ができます。

ルーバーの施工例を紹介

ルーバーとは?その役割とメリットについて説明し、施工例を紹介します。"

メリットについては理解できたでしょうか。次にルーバーは実際にどこで使われているのか、施工例について紹介していきます。

浴室の目隠しとして使う
ルーバーの施工例としてよく見られるのが浴室です。湿度が高く換気をしないとカビが発生しやすい浴室。しかし、窓を開けっ放しにしておくと外から丸見えで困ってしまう場所にもなります。
ルーバーを設置することで、外からの視線を防げますし、羽板を調整することで換気することも可能なので取り入れている家庭も多くあります。

キッチンでは目隠し以外にも風通しをよくしてくれる
キッチンは家の外壁側に配置されることも多く、窓を開けると道路に面していたり、別の家が目の前に建っていたりします。そのため、太陽などの自然の光を取り入れる為に窓を大きく開けてしまうと内側だけなく、外側から中が見えて困ってしまう状態になります。
ルーバーを採用すれば、風や採光を取り入れながら目隠しできるので取り入れている家庭も増えてきています。

まとめ

ルーバーについて紹介しましたがいかがでしたか。様々な素材があり、それぞれにメリット・デメリットはありますが、上手に活かすことで和風・洋風どちらにも仕上げられます。

ルーバーの主な役割は目隠しとなっていますが、その他にも浴室であれば換気をしてカビを防ぐ、キッチンであれば採光を取り入れて明るい雰囲気にするなど用途は様々です。

これから、リフォームを考える方や家を買おうと考えている方はプライバシーも確保しつつ、デザイン性も高いルーバーを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 小上がりの和室をリフォームでリビングに作りたい!そのメ...

  2. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  3. vol.40【戸建てリノベ|インタビュー】構造を変えら...

  4. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  5. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表