2019-06-11

「光触媒」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

記事:&Reno
「光触媒」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集 画像
誰でもわかるリノベ用語集171
お申し込みはこちら

■光触媒

「光触媒(ひかりしょくばい)」とは、「光を吸収すると、他の物質に化学反応を引き起こさせる触媒機能をもつ」物質のことです。1971年に日本で発表された技術です。光触媒の代表は酸化チタンです。

各辞書・辞典からの解説

「光触媒」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「デジタル大辞泉」より
「デジタル大辞泉」において「光触媒」とは、「太陽や蛍光灯などの光が当たることで触媒として働く物質」のことであると説明されています。「酸化チタン」などがあり、「光が当たると水や酸素と反応して活性酸素や水酸ラジカル」が生成されます。物質の特徴として「酸化力」が強く、有害物質を二酸化炭素や水に分解することができます。

(2)「日本大百科全書」より
「日本大百科全書」において「光触媒」とは「光を吸収すると、他の物質に化学反応を引き起こさせる触媒機能をもつ物質」のことです。日本で発見、開発された技術のひとつで、代表的な光触媒は酸化チタンです。「有害物質の除去、空気浄化、脱臭、殺菌、抗菌、防汚、防曇」などの働きがあります。

(3)「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「光触媒」とは、以下のような文章で説明がされています。
「光化学反応の一種と定義される、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称。代表的な光触媒活性物質として、酸化チタン (TiO2) が知られている。」

(1)〜(3)を合わせてみると、「光触媒」とは、「光を吸収すると、他の物質に化学反応を引き起こさせる触媒機能をもつ」物質のことであるとおわかり頂けたと思います。
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます