2019-06-10

「上がり框」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

記事:&Reno
「上がり框」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集 画像
誰でもわかるリノベ用語集168
お申し込みはこちら

■上がり框

「上がり框」とは、玄関などで、家の上り口の縁に渡してある横木や板のことです。よく使用される木の種類は、ヒノキ、マツ、スギなどがあります。

各辞書・辞典からの解説

「上がり框」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「デジタル大辞泉」より
「デジタル大辞泉」において「上がり框」とは、「玄関などの上がり口に取り付けた横木や板」のことであると説明されています。

(2)「百科マイペディア」より
「百科マイペディア」において「上がり框」とは「家の上がり口のはしに用いられる横木」のことです。「摩擦が多いためヒノキ,マツなどの堅木と、スギ」を用いることが多く、「化粧板としてレッドラワンを組み合わせて」使用することもあります。

(3)「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「上がり框」とは、以下のような文章で説明がされています。
「玄関や勝手口などの上がり口に取り付けた横木、あるいは化粧材のこと。玄関の室内床と同じ高さに設置される。高級な素材が用いられ、ケヤキなど木目の美しい銘木が多く使用されることが多い。洋風建築になると、御影石や人工大理石といった石材が使用される。」

(1)〜(3)を合わせてみると、「上がり框」とは、「玄関などで、家の上り口の縁に渡してある横木」のことであるとおわかり頂けたと思います。
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます