2019-06-09

「トチノキ」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

記事:&Reno
「トチノキ」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集 画像
誰でもわかるリノベ用語集166
お申し込みはこちら

■トチノキ

「トチノキ」とは、「トチノキ科の落葉高木」のことです。北海道から九州の山地まで幅広く生息しています。実は食用として使用し、木の部分は家具や器具などの建築材料として、さらに樹を庭木として使用することができます。

各辞書・辞典からの解説

「トチノキ」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「百科事典マイペディア」より
「百科事典マイペディア」において「トチノキ」とは、「トチノキ科の落葉高木」で、「北海道〜九州の山地」に幅広く生息します。冬芽は大型でよく粘つくのが特徴です。さらに、葉には「葉は対生し,大型の掌状複葉,小葉は5〜7枚で縁には鋸歯(きょし)」があります。種子は苦いですが、さらして食べることができます。木材としては「建築,器具とし,樹を庭木」にすることが可能です。

(2)「日本大百科全書」より
「日本大百科全書」において「トチノキ」とは「トチノキ科の落葉高木」であり、「高さ30メートル、径1メートル以上」の大きさになります。「種子は食用に、材は家具、器具、彫刻材に」と部分によって用途を分けて使用します。

(3)「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「トチノキ」とは、以下のような文章で説明がされています。
「トチノキ科トチノキ属の落葉広葉樹。漢字では栃の木(橡)。フランス語名マロニエの西洋橡が近縁種である。材の性質としては、木理がやや交錯しており、肌目は緻密、硬さはやや軟かく、腐食耐久性、磨耗耐久性、共に弱い。細胞の並び方が特殊な為、板目面に著しいリップルマーク(さざ波模様)が現れることがある。粘りがあるので曲木に適しているが、一般的に利用価値の少ない木で、白太だけが利用される。主に家具に用いられる」

(1)〜(3)を合わせてみると、「トチノキ」とは、「トチノキ科の落葉高木で、木材を家具や器具に使用できる」ことがおわかり頂けたと思います。
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます