&Renoトップ 誰でもわかるリノベーション用語集 「ターンバックル」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

「ターンバックル」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/3092

「ターンバックル」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集162

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

■ターンバックル

「ターンバックル」とは、「ワイヤ━ロープなどの張りを強くするために用いるねじの装置」のことです。中央の胴体枠の両端にそれぞれ右ねじと左ねじをもつねじ部品で、胴体枠を回転させることによって両端のねじ棒が互いに近づき、ねじ棒に結び付けられたワイヤロープが強く引っ張られる仕組みになっています。

各辞書・辞典からの解説

「ターンバックル」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「大辞林 第三版」より
「大辞林 第三版」において「ターンバックル」とは、「ワイヤ━ロープなどの張りを強くするために用いる器具」のことであると説明されています。「胴体枠の両端に、一方は右ねじ、他方は左ねじのねじ棒をねじ込んだもの」で、「枠を回転させて、ねじ棒相互の間隔」を変えることで張りを調整します。

(2)「ブリタニカ国際大百科事典」より
「ブリタニカ国際大百科事典」において「ターンバックル」とは「一端に右めねじを、他端には左めねじを切った特殊ナット」のことです。これを回転させてねじ引き締めることから、「引き締めねじ」と呼ばれることもあります。「針金、ワイヤロープ、ブレーズなどを緊張させるため、小は家庭用から大は土木建設用」まで広く利用されています。

(3)「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「ターンバックル」とは、以下のような文章で説明がされています。
「ロープやワイヤーやタイロッドなどの張力を調節する装置(金物)の事。金属製の胴を回転させることで両端に取り付けられたボルトが締め込まれ、張力を調節することが出来る。」

(1)〜(3)を合わせてみると、「ターンバックル」とは、「ワイヤロープなどを強く引っ張るためのねじ装置」のことであるとおわかり頂けたと思います。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  3. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  4. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  5. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  6. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  7. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  8. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

  9. タイルならDIYしやすい?ひと味違う土間空間の演出

  10. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表