2019-04-12

「アトリエ」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

記事:&Reno
「アトリエ」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集 画像
誰でもわかるリノベ用語集053

■アトリエ

「アトリエ」とは、写真家、画家、彫刻家など芸術家などの仕事場のことです。他に、画室、工房などの言い方もします。ほかにも、師匠と弟子からなる芸術家の集団のことや、写真を撮影する部屋のことも「アトリエ」と言います。

各辞書・辞典からの解説

「アトリエ」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「日本大百科全書」より
「日本大百科全書」において「アトリエ」とは、一般的に「画家、彫刻家、工芸家など美術家の仕事場」のことをさし、画室、工房、スタジオなどと同義であると説明されています。「木片の堆積(たいせき)を意味する語から転じて「大工、木工の仕事場」をさすようになった」と言われています。

(2)「大辞林 第三版」より
「大辞林 第三版」において「アトリエ」とは、1つ目の意味が「画家・彫刻家などの仕事部屋、画室、工房、スタジオ」のことであると説明されています。2つ目の意味が「師匠とその弟子たちからなる芸術家の集団」、3つ目の意味が「写真を撮影する部屋」となっています。
意味は「日本大百科全書」とほぼ同様で、2つ目、3つ目の意味は事実上補足説明を成しています。

(3)「精選版 日本国語大辞典」より
「精選版 日本国語大辞典」において「アトリエ」とは、「画家、彫刻家、工芸家、写真家などの仕事場」であると説明されています。

(1)〜(3)と合わせてみると、言い方こそ異なれど「アトリエ」とは「画家、彫刻家、工芸家など美術家の仕事場」のことであると説明されています。
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます