2017-09-01

古民家風リノベーションをする際の注意点

記事:&Reno
古民家風リノベーションをする際の注意点 画像
近年注目を集めているのがマンションの古民家風リフォームです。なつかしくて素敵な雰囲気になるという楽しみなどがありますが、リノベーションを行う場合には押さえておきたい注意ポイントがあります。そこで、リノベするという場合にはどんな点を抑えておくことが必要なのかということについてご紹介してみたいと思います。

“耐震性や耐久性を高める”

 
View this post on Instagram
 

Shinobuさん(@yuduitsu)がシェアした投稿 -

古民家風にリノベーションをするという場合には、基本的にリノベーションそのものを行う上での注意が必要です。リノベーションを行う場合には耐震性や耐久性の補強という視点は必要だといわれています。古民家風にリノベを行うという場合も耐久性などの点は心配なポイントといえます。 リノベを行う場合、建てられてからある程度時間が経過しているのです。そのため、時間が経っていることや、現代と建築様式も異なるといった場合もありますので、比較すると耐震性が低い傾向があるといわれています。 このような家をリノベする場合には耐震性を高めるための安全対策を講じるための工事が必要とされる場合があるのです。また、経年劣化による傷みなどがあり、骨格に歪みも生じている場合などがあります。そういった歪みを直すために木材を補強したり、朽ちて傷んでしまった部分を取り除くといったことも必要とされます。

“間取り変更ができるか確認”

 
View this post on Instagram
 

株式会社 新洗組さん(@shinsen.gumi)がシェアした投稿 -

マンションなどで古民家風リノベを行うという場合には、注意ポイントとして間取り変更が可能かどうかという点が挙げられます。そのため、この点を確認しておくことも必要です。マンションの構造によっては間取り変更が不可能な部分があるというおとはあるのです。マンション全体の共用部分に接しているところは、管理上の制限があったり、契約上の制限なども受けますので間取変更はほとんどの場合難しいといわれます。 また、壁式構造のマンションではコンクリート製間仕切りは建物構造を支えるという役割を果たしているため撤去することは不可能といわれているのです。古民家風にリノベーションを行いたいという場合には、リノベを行う物件選びという点でも、事前にどの程度の間取り変更ができるのかということを確認しておくことは、古民家風リノベーションを行う上でも注意点として挙げられます。  

“電源と水周り部の確認”

 
View this post on Instagram
 

べにみかんさん(@_benimikan)がシェアした投稿 -

古民家風リノベーションを行う場合、台所などの改装が含まれることは多いのです。台所などのリノベを行うという場合には、あらかじめ使用可能な電源の容量を把握しておくと言うことも注意ポイントです。というのは、ステキな古民家風にリノベしてIHクッキングヒーターや床下暖房などを導入したいという場合、使用する電力量が多くなってしまったため他の家電の使用が制限されてしまうといったことも生じるかもしれません。マンションなどでは一戸あたりの電源電力量に規制がある場合があるといわれているため、リノベを行う前には電源について管理組合へ確認するといったことが不可欠です。 同様に、ユニットバスを導入したいという場合などに、排水溝などの水周りのものは成約の原因になってしまうことが多いといわれていますので、あらかじめサイズなどを確認しておくことが必要です。

“まとめ”

リノベを行うという場合、耐久性を高める対策はとても重要です。構造上間取り変更ができないということもあるといわれています。システムキッチンやシステムバスなど、導入したい設備が導入可能かどうかという点などを事前に確認しておくということはリノベにおいてはとても重要な注意ポイントです。しっかりと確認して素敵な家にしましょう。"
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます