2017-09-01

秋冬コーデはスエード素材を取り込もう!

記事:&Reno
秋冬コーデはスエード素材を取り込もう! 画像
暑い夏が終わると秋がやってきて季節はいずれ冬に向かいます。それに伴って服装も開放的で明るいものから落ち着いたものに変化していきます。ファッションで季節感を出すためには色味も大切ですが、素材も大事にです。特に靴やベルト、鞄といった小物は素材によって、ぐっと季節感を演出してくれます。中でもおすすめの素材はスエードです。

“スエード素材の特徴について”

 
View this post on Instagram
 

nojuaさん(@nojua2011)がシェアした投稿 -

スエード素材とは仔牛などの皮革を裏返しにして毛羽立てた素材のことで、通常の皮革に比べると柔らかく、ふんわりとした肌触りが特徴です。また、同じような素材にヌバックがありますが、ヌバックに比べると毛足が長く、より起毛素材の特徴を持っています。スエードが秋冬用のアイテムとして季節感を感じられるのはこの毛羽立てた毛足がふんわりしていてどこか温かさを感じるからです。なお、スエードは主に靴や鞄、ベルトといった小物類に使われますが、ジャケットの素材に用いられることも少なくありません。しかし、皮革製品であることから高価であったり、お手入れが大変というデメリットもあります。比較的安価でお手入れが簡単なものが良いといった場合には化学繊維から作ったフェイクスエードという素材もあります。フェイクスエードは製法がどんどん進化していて、本物に近い質感とも言われています。

“秋冬スエードコーデのポイント”

 
View this post on Instagram
 

Noirさん(@noir_shizuoka)がシェアした投稿 -

秋冬のスエードコーデの一番のポイントは色味です。もちろん色はその年の流行もありますが、基本的に秋冬コーデに用いる場合、茶色やこげ茶といった落ち着いた色がおすすめです。パステルカラーなどの派手な色味は、どちらかというと冬から春にかけ少し暖かくなってきた頃の方が季節感を演出しやすいと言えるでしょう。また、鞄とベルト、靴といった小物のすべてをスエードにしてしまうと、少ししつこい印象を与えてしまいます。しかし、仮にベルトをスエードにする場合には靴も同じ素材と色で揃えてあげると統一感が生まれます。基本的にどのようなものでもベルトと靴の色と素材を揃えることは統一感のあるファッションのポイントですがスエードは存在感が強いため、より意識して統一感を持たせる工夫が必要です。なお、ふわっとしたセーターなどに合わせると質感が似ているために存在感がなくなってしまうこともあります。

“スエードのお手入れ方法について”

 
View this post on Instagram
 

machi_uさん(@machi_um)がシェアした投稿 -

スエードは起毛素材であるために汚れが付着しやすいです。また、革製品ですが、一般的なスムースレザーと呼ばれるような皮のようにお手入れすることはできません。特にクリームを塗ることは厳禁です。普段のお手入れではブラシなどで汚れを払いますが、しつこい汚れがついた場合には専用の消しゴムのようなブラシやクリーナーなどを使用します。なお、スエードの一番の特徴である起毛も使うにつれて少しずつへたってきてしまいます。そんな時は真鍮の入った専用のブラシで表面を逆立てるようにブラッシングすると、起毛の風合いが戻ってきます。このようにお手入れ方法は少し手間がかかりますが、皮革製品はきちんとお手入れすることで長く使用できます。特に高価なものは数シーズンで使い終えるにはもったいないので、一緒にお手入れ用品も購入して、定期的にお手入れすることをおすすめします。 革製品といえばどこか男性的なイメージがありますが、スエードはどこかカジュアルで可愛らしい印象があるため、女性にも使いやすいアイテムのひとつです。また、きちんとお手入れすれば長く使えるため、お気に入りのスエード製品を持っておけば毎シーズンのように秋冬の定番アイテムとして活躍してくれること間違いなしです。  "
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます