2017-09-01

居抜き物件を探すためのテクニック

記事:&Reno
居抜き物件を探すためのテクニック 画像
居抜きを使う場合には、それぞれのメリットをしておくことが大事なります。テクニックとしては、可能な限り沢山の不動産会社を見て回ることです。ただ、一体どのようなメリットがあるのかあるいはスケルトンとの違いを理解しておかなければ本当の利点を享受することができません。そこで、メリットやスケルトンとの違いそして探し方を知っておきましょう。  

“居抜き物件のメリット”

居抜き物件のメリットの一つは、お金が余りかからないことです。そもそも居抜き物件とは何かといえば、かつてそこで商売をしていた人が設備や備品をそのままにして出ていった物件になります。これは、オーナーによる承諾が必要になりますがオーナーとしてもこのような物件を発生させることで入居を容易にするといったテクニックを持っています。このようなテクニックを駆使すれば、オーナーも空室の期間を減少させることができるようになるでしょう。一方で、居抜き物件を借りる側としても、スケルトンの状態から作り上げるよりも安く借りることができるため金銭的に負担が小さくなるメリットがあります。 ただし、使える物件が限定されていることが問題になるでしょう。どのような意味かといえば、たとえばラーメン屋を営んでいた店舗が居抜きになった場合、そこで美容院などを始めることはできません。ラーメン屋かそれに近い飲食店しか始めることができません。  

“居抜きとスケルトンの違い”

居抜き物件とよく比較されるのは、スケルトンになります。スケルトンとは、骨組みといった意味をあらわしていますが通常のテナントのことをスケルトンと言ったりします。つまり、ビルの一室やマンションの一室を借りる場合壁がコンクリートむき出しになっている状態のことです。店舗を開始する場合には、スケルトンから間仕切りを設置したりあるいは石こうボードを張り付けたりすることでお店らしい雰囲気を出すことができるわけです。 これに対して、居抜きの場合にはすでに形が出来上がった状態ですので、間仕切りを作ったりする必要はありません。それだけでなく、備品や設備などをそのままおかれていることがあります。例えば、飲食店を営む場合冷蔵庫などは非常に大事な設備の一つになりますが、居抜き物件ではこれがおかれた状態になっていますので金銭的な負担が少なく借りることができるのがポイントです。  

“いい居抜き物件の探し方”

 
View this post on Instagram
 

株式会社ABC店舗さん(@abctenpo)がシェアした投稿 -

良い居抜き物件の探し方としては、それを専門的に扱っている不動産会社を見て回ることです。通常の不動産会社は賃貸住宅やテナントなどを扱っている場合でも、なかなか居抜き物件までは扱っていない可能性が高いです。ですが、最近はこのような物件がはやっていますのでそれを専門的に扱う不動産業者も出てきました。 専門の不動産業者は、その物件に対する知識が非常に深く経験も豊富ですのでぴったりのところを紹介してくれる可能性が高いです。不動産会社サイドからすれば評判が良くなることでそれだけ利用者が増えますので顧客の要望に可能な限りこたえたものを提供してくれます。ただ、初めて利用する場合には立地も重要ですがその物件の中身をよく比較することが大事になります。なぜなら、実際に借りて初めて使えないと感じる備品や設備があることに気がつくことが多いからです。可能なかぎり無駄がないように、丁寧に比較をすることが重要になります。 居抜きを借りる場合にはそのメリットを知っておく必要がありますが、借り主側のメリットの一番は金銭的な負担が少ないことになります。スケルトンとの違いは、最初から間仕切りなどが設置されており中には冷蔵庫などの設備を置かれていることも少なくありません。良い物件を見つけるためには専門の業者に行き、よく比較することが重要になります。"
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます