&Renoトップ 誰でもわかるリノベーション用語集 「ウォールナット」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

「ウォールナット」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/1675

「ウォールナット」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集017
 

■ウォールナット

「ウォールナット」とは、直訳すると「くるみ」のことです。建材や家具において使用する「ウォールナット」というのはくるみ科の植物のなかでも「ブラックウォールナット」のことを指します。主にアメリカ東部やカナダが産地です。
 
家具や床材、楽器の素材としても使用されており、耐衝撃性に強く、経年による狂いが少ないとされています。使い込むと色合いの変化を楽しむこともできます。
 
よく使用されるオークの素材にくらべ、樹径が小さく、表面に近いところは白っぽい色味をしているので、中心部の濃い茶色の部分は取れる量が限られ、貴重な素材です。その分、高級な家具工芸剤として使用されることが多くなっています。

各辞書・辞典からの解説

「ウォールナット」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。
 
(1)「精選版 日本国語大辞典」より
「精選版 日本国語大辞典」において「ウォールナット」とは、「胡桃(くるみ)」や「胡桃剤」のことを指します。
 
 
(2)「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「ウォールナット」とは、「クルミの木」のことだと説明されています。具体的には、「クルミ科Juglans属の落葉広葉樹」であると補足があります。木質としては「重硬で衝撃に強い」、「強度と粘りがある」、「狂いが少ない」、「加工性やペンキステインによく馴染む」、「艶出し加工で美しく仕上がる良い着色性」などさまざまな魅力と特徴を持っています。
 
このウォールナットは、「ドア材、造作材、フローリング材、内装パネル材」などの建材のほか、「高級家具や工芸用材」まで幅広い使い道があります。
 
 
(1)(2)と合わせてみると、「クルミ」のことであり、建材や家具においては「クルミの木」のことを指すこととおわかり頂けたと思います。

関連記事

フローリングに最適な木は? ~木の種類や特徴を知ろう~
 
無垢フローリング・床材の種類|【建材の基礎知識】

この記事をシェアする

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 小上がりの和室をリフォームでリビングに作りたい!そのメ...

  2. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  3. vol.40【戸建てリノベ|インタビュー】構造を変えら...

  4. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  5. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表