2018-12-23

ブルックリンスタイルの作り方

記事:&Reno
ブルックリンスタイルの作り方 画像
ここ数年、男らしい無骨さがオシャレでかっこいいと人気を集めている「ブルックリンスタイル」。インテリア雑誌やTVでよく見かけるけれど、実際どんなアイテムを使えばブルックリンスタイルになるのかイマイチよくわからない方も多いのではないでしょうか。今回は、ブルックリンスタイルの作り方をご紹介します。

1.ブルックリンスタイルとは

ブルックリンスタイルの作り方
(https://www.instagram.com/p/BowWP9UnCMb/?utm_source=ig_web_button_share_sheet)

ブルックリンスタイルとは、アメリカのニューヨーク州にあるブルックリンを発祥としたインテリアで、倉庫や古い建物を感じさせる内装にビンテージやDIYの家具・雑貨を無造作に合わせたインテリアスタイルのことを言います。
 
ブルックリンスタイルの特徴は、「無骨さ」「素材感」「ビンテージ」に「温かみ」がプラスされたインテリアです。内装にコンクリート・レンガ・タイル・古材などの素材を使い、コーディネートにはアイアン・無垢材・革などで作られた家具を配置します。カラーコーディネートはダークカラーやスモーキーカラーを基調とし、モノトーンで仕上げます。

2.事例

ブルックリンスタイルの作り方
(https://www.pinterest.jp/pin/124834220901950796/)

ブルックリンスタイルのマストアイテムと言われているのがレンガです。こちらの事例も壁一面にレンガが使われていて、コンクリートの天井とむき出しの換気扇ダクトが古い建物を思わせます。レンガは多用しすぎると、重すぎる雰囲気になってしまうのでアクセント使いにしましょう。
昔のアパートメントでよく見かける黒い縁のガラス窓を室内窓にする事でビンテージ感もよく表われています。革・アイアン・古材など1つ1つの素材の劣化を活かしてつつ、古さの中に新しさも加わり、温かみのある落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

3.ブルックリンスタイルの作り方

ブルックリンスタイルの作り方

(https://pin.it/l52bxzfiwtzcrw)

ブルックリンスタイルがどんなインテリアスタイルか何となくおわかりいただけたと思います。次は実際にどんな素材を使えばいいのか、ブルックリンスタイルにぴったりな建材や器具をご紹介します。家をリノベーションする際に是非参考にしてください。

ブルックリンスタイルの作り方 ブルックリンスタイルの作り方
(https://pin.it/l52bxzfiwtzcrw)

素材を重視するブルックリンスタイルにおすすめの床材が無垢材です。無垢材は経年変化が楽しめるので、古い素材を活かすブルックリンスタイルにぴったりです。
その中でも特におすすめしたいのが、V字に板を組み合わせて作るヘリンボーン。ヘリンボーンは温かみのあるデザインで、床自体がアクセントにもなり、家具が少なくても部屋全体が一気にオシャレに見えます。ダークカラーが基本のブルックリンスタイルには硬い樹種で色の濃い床材を選ぶようにしましょう。
ブルックリンスタイルの作り方
(https://hags-ec.com/products/detail/442)

スチールの材質とアンティーク感のあるデザインがオシャレなペンダントライトです。黒くて丸いシェードが温かみと無骨さを併せ持っていてブルックリンスタイルと絶妙にマッチします。ダイニングテーブルの上に短く取りつけたり、キッチンカウンターに複数個つけるのもおすすめです。
ブルックリンスタイルの作り方
(https://hags-ec.com/products/detail/51)

スチールの材質とアンティーク感のあるデザインがオシャレなペンダントライトです。黒くて丸いシェードが温かみと無骨さを併せ持っていてブルックリンスタイルと絶妙にマッチします。ダイニングテーブルの上に短く取りつけたり、キッチンカウンターに複数個つけるのもおすすめです。
ブルックリンスタイルの作り方
(https://hags-ec.com/products/detail/302)

こちらはパチンと気持ちいい手応えのあるトグルスイッチ。インパクト充分なレトロなデザインとマットなブラックが目を惹きます。スイッチは毎日何度も触るので、意外と目に入る場所。こういった細かい部分までしっかりこだわると、格段に部屋の雰囲気がよくなるのでおすすめです。
ブルックリンスタイルの作り方
(https://hags-ec.com/products/detail/40)

ブルックリンスタイルはDIY要素がたくさんあるインテリアスタイルなので、自分好みの家具を作る楽しみがあるのも人気の理由の1つとなっています。
こちらは、ダイニングテーブルの天板に取り付けるアイアン脚です。無垢材との相性が抜群で、好きな天板を購入して自分だけのオリジナルテーブルが作れます。DIY初心者でも挑戦しやすいアイテムです。

4.余談ですが、、ブルックリンスタイルと似た人気スタイルをご存知ですか?

これからご紹介するのは、ブルックリンスタイルに似た「男前インテリア」というスタイルをご紹介します。男前インテリアとは、名前の通り男性が好むようなインテリアスタイルで、ブルックリンスタイルもその中の1つに分類されています。「ジャンク」「無造作」「無骨」が共通キーワードの男前インテリア。是非こちらもインテリアの参考にしてみてください。
ブルックリンスタイルの作り方
(https://pin.it/oytictzttguh3f)

ブルックリンとよく似ているのが「インダストリアルスタイル」です。インダストリアルは「工業」「産業」という意味があり、コンクリートと金属がよく使われます。素材の劣化を活かす部分ではブルックリンと同じですが、温かみがあるブルックリンに比べ、インダストリアルは無機質でクールなインテリアになります。
ブルックリンスタイルの作り方
(https://pin.it/btiax3ireywzrv)

こちらは、アメリカの西海岸をイメージした「サーフスタイル」というインテリアスタイルです。「海」「リラックス」「青と白」がコンセプトで、明るく開放感のあるスタイルです。ラフな雰囲気が特徴で、インテリアはマリン系雑貨・観葉植物・ブリキなどがよく使われています。
ブルックリンスタイルの作り方
(https://www.instagram.com/p/BrkVL_Fnid7/?utm_source=ig_web_button_share_sheet)

こちらのスタイルはアメリカの住宅でよく見られる「ガレージスタイル」です。ガレージを1つの個室として趣味を楽しみ、車やバイクそのものを置いたり、整備に使用する工具などを飾ったりします。インテリアには、ジーンズ・革・ブリキなどがよく使用されるアイテムです。

5.まとめ

5.まとめ
いかがでしたか。男前インテリアの中でも温かみのある落ち着いた大人の空間が「ブルックリンスタイル」です。DIYを楽しめるインテリアスタイルでもあるので、是非自分だけのオリジナル家具・雑貨を作ってブルックリンスタイルを楽しんでみてください。