2018-12-03

古民家が好き!マンションを古民家風にする方法

記事:&Reno
古民家が好き!マンションを古民家風にする方法 画像
古民家での暮らしは一度は誰しも憧れるもの。しかし、古民家は住宅ローンが使えなかったり、耐震性で問題があったり、なかなか良い古民家にめぐりあうのは大変です。だったら築年数経過したマンションをリノベーションしてしまうはいかがでしょう?

古民家の素材って?

古民家が好き!マンションを古民家風にする方法
古民家の木材、障子、ガラス戸、畳などは「天然の素材」で出来ています。一方。マンションはコンクリートやゴム、化学合板が使われているためこれら人工物を極力見せないようにするのがポイントです。リノベーションの際には合板や集成材の使用は極力避けて、無垢材を利用するようにしましょう。塗料も合成のものは避け、天然のものを使用するようにします。天然の素材は時間の経過と共に更に味わい深く生活に彩りを与えてくれるはずです。

入った瞬間に別世界!土間を作ってみる

昔の家屋には必ず土間がありました。土間ってとても便利なんです。アウトドア用品やベビーカー、折りたたみ自転車など、土間があれば家の中に入れておきたいけど入れたら家が汚れてしまうものをおいておくことができます。土間があるだけで趣味の幅が増えるはずです。リノベーションで土間を作るなら玄関の拡張工事が必要です。マンションによくある玄関から続く廊下を削って土間にしてしまうことで玄関上がったらすぐに部屋が広がる開放感ある空間になります。

また、リビングの日があたる大きな窓の前に土間のように床の高さを一段下げて土足スペースを作ると縁側のように利用することができます。植物を置いたり、お茶スペースにしたり、あたたかい日差しが感じられる癒し空間になります。

畳のある暮らし

古民家が好き!マンションを古民家風にする方法
古民家に欠かせないのが畳です。マンションに元々、和室がある場合もありますが、畳を上手く使うことでオシャレな和モダンに仕上がります。最近流行っているのが、リビングに「小上がりの畳スペース」を作ることです。小上がりの畳スペースを作ることで、部屋に立体感が生まれます。ひとつの部屋として使えるので収納スペースも増えますし、来客の際に便利です。古民家といえばちゃぶ台ですよね。ちゃぶ台を置いて座布団を引けばダイニングテーブル入らずです。

畳スペースに掘りごたつを設置するのも素敵ですね。小上がりの畳スペースなら掘りごたつの設置も簡単です。冬は家族みんなで温まり、オフシーズンは蓋をしてフラットに使えます。
小上がりの畳スペースにガラス引き戸をつければ更に和モダンな仕上がりに。吊り戸式の引き戸なら下にレールがなくても取り付け可能です。
イグサの良い香りに癒されること間違いなしですね。

家具にもこだわってみる

古民家が好き!マンションを古民家風にする方法
せっかく古民家風に仕上がっても家具が現代的だとチグハグになってしまいます。家具は重厚感のあるアンティークものがぴったりです。使いこなれた感じが部屋全体に時の経過を感じさせてくれます。このような家具を探しにリサイクルショップをめぐるのも楽しいですよ。なかなか見つからない場合は手持ちの家具をDIYしてしまいましょう。100円ショップには家具に張るだけで簡単にイメージが変わるリメイクシートが売っています。
気に入らなくなったら剥がすことができてとても便利です。

梁を作ってマンション感をなくす

古民家が好き!マンションを古民家風にする方法
古民家の天上をみてみると、高さのある天上に上下左右に柱が掛けられていることが分かります。梁は屋根や床を支えるものですが、マンションこの梁があるだけでぐっと古民家感がアップします。極力、コンクリートを隠して古材感を出すのがポイント。マンションの場合、天上を高くとることが難しいため、上下の梁を設置することは難しいのですが、左右にアクセントで古材を設置することで梁感を出すことは可能です。古材は天然の濃い色を使用することでが古民家の柱のようにみせてくれるのでおすすめです。

天上から暖色の電球型のLEDをつるせばあたたかい光に癒されます。夜は、電球型ライトだけにしてみたら更に古民家度がアップしますね。
※梁(はり、りょう)とは建物の水平短径方向に架けられ、床や屋根などの荷重を柱に伝える材のことであり、主に曲げ応力を担う。

まとめ

マンションでもちょっと使う素材や間取りを変えるだけで古民家風に変身できてしまいます。古民家風のマンションで、時間がゆっくり流れる、ちょっと丁寧な暮らしなんていかががですか?