&Renoトップ リノベーションのアイテム 有孔ボードをリノベーションに取り入れて、可変性のあるオリジナルを楽しむ

有孔ボードをリノベーションに取り入れて、可変性のあるオリジナルを楽しむ

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/1390

有孔ボードをリノベーションに取り入れて、可変性のあるオリジナルを楽しむ

DIYの人気アイテムの1つ、有孔ボード。家作りに興味を持ち始めた方々は、こちらを使ったオシャレな収納やディスプレイを目にする機会も多いのではないでしょうか。

この有孔ボード、ホームセンターや100均一で購入して手軽に好きなディスピレイを楽しむことができますが、これからリノベーションをお考えの方には是非壁の仕様の1つとして検討していただきたいアイテムです。

リノベーションで広範囲に渡って大胆に取り入れることで、秩序や整然とした印象で空間を演出させ、好きなタイミングで手軽に空間に変化を与えていくことができるようになります。「ずっと楽しめるオリジナル」のアイテムとして有効です。

有孔ボードとは等間隔で小さい穴が開いている板

有孔ボードをリノベーションに取り入れて、可変性のあるオリジナルを楽しむ"

有孔ボードはペグボードやパンチングボードとも呼ばれ、吸音のために使用される資材です。近年、ドリルやドライバーを使わなくても、すでにあいている穴を利用していろいろなものを取り付けることができる点に注目が集まり、DIYの定番アイテムとなりました。

また、それに伴い便利な関連商品がたくさん出てきています。例えば、穴に入れて引っ掛けるだけのフックや、それを応用したリングフック、ホルダー、またブックシェルフ等のアクセサリーが販売されています。

リノベーションで大胆に取り入れることで、壁面を余すことなくオリジナルに、そして簡単に継続的に変えていけるという点で、おすすめしたい建材です。

有孔ボードで使い勝手の良さと華やかさをキッチンにプラス

キッチンは住んでいくうちに食器が増えたり、調理器具が増えたり、調味料が充実してきたり...物が増えていく場所ではないでしょうか。そんなとき柔軟に対応できる可変の壁面収納はとても強い味方になりますね。

食器は昔からこだわりの品がたくさんあり、気に入った1つを手にとるのが楽しいアイテムですよね。そんな食器を並べるのも粋だし、安い食器やカップでも複数個揃えると連続性がうまれて可愛く見えるといったこともあります。そんなディスプレイを楽しめるのがキッチンの特徴です。

さらに、最近のキッチングッズはフォルムや色などにこだわりをもった物も多いので、思い切って買ったキッチングッズも大事に奥にしまいっ放しになってしまった、なんてことにならないよう見せる収にすることでフル活用することができるのではないでしょうか。

キッチンは火や水を扱うところですので、有孔ボードを使用する際はリノベーションを依頼する会社にプランニングの段階で必ず相談しながら進めていくと良いでしょう。また、その段階から相談することで素敵なアイディアをもらえるかもしれません。

趣味の一角に有孔ボードでディスプレイコーナーを

リノベーションでは◯LDKといった部屋数に拘らない間取りを選択する方も多いかと思います。廊下の一角にデスクコーナーを設けたり、リビングにワークスペースを設けたり...。郊外の大きな土地で広々趣味の部屋を作ることは難しいけど、リノベーションで住まいに趣味を楽しめるスペースを作りたい、とお考えの方は有孔ボードとの相性が良い可能性が高いです。

例えば、ミシンが趣味の方でミシン糸を有孔ボードに綺麗に並べてウットリ空間を作り上げている方や、絵葉書を描くのが趣味だという方は絵葉書を描くためのアイテムや作品を並べたり。使い勝手も良く、見ていて楽しい空間を作り上げることができます。

この場合「目に見える物」が多くなりますので、作業台から天井付近まで大胆に有孔ボードを使用している方が、スッキリごちゃつかずレイアウトを上手に組むことができます。そのあたりもDIYよりリノベーションで取り入れておくと良い点ですね。

リノベーションの定番「玄関土間」と相性の良い有孔ボード

有孔ボードをリノベーションに取り入れて、可変性のあるオリジナルを楽しむ" 有孔ボードをリノベーションに取り入れて、可変性のあるオリジナルを楽しむ"

リノベ不動産で人気の snowpeak UrbanOutdoor 物件のほとんどの土間に有孔ボードが使用されています。

アウトドアグッズはキャンプなどで使用するものだから、家では見えないところにしまっているというケースが多いと思いますが、アウトドアグッズは集め出すとその魅力にハマり年に数回しか見ない使わないなんてもったいない、と思うもの。

これらを玄関土間に飾りながら収納するというアイディアはアウトドア好きの方々からとても好評です。キャンプ用品まで専門性の高いものではなくても、例えばリュックや帽子、あるいは子どものストライダーなど、そういったものも有孔ボードに合わせると雰囲気を格上げしてくれます。

外に持ち出すものが、取り出しやすく、また素敵にディスプレイされてたら気分も上がりますね。

おわりに

有孔ボードはDIYの代表アイテムとなってきています。そのためアクセサリーも豊富にあるため、住みながら自分で考え変化させるということを楽しむことができます。

これは、リノベーションをしたい、とお考えの方にとってとても魅力的なことではないでしょうか。DIYでもできるけど...「リノベーションで思い切って大胆にプランに取り入れてみる」というのも選択肢の1つとしてご検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

山下 さと子

山下 さと子

建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

人気のキーワード

Ranking

  1. 在宅ワーカー必見!スタイル別「書斎・ワークスペース」〜...

  2. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  3. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  4. vol.41【リノベ|インタビュー】「リノベ済物件✕再...

  5. 在宅ワークにおすすめ!マンションで叶う「書斎」事例9選

  6. 「勉強机どこにする問題」を解決!リビング?部屋?それとも?!

  7. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  8. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  9. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  10. 住宅ローン返済いつから?~家賃と二重払いにならないリノ...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表