2018-10-06

最近流行りの「無垢材」とは? ~フローリングに使用する無垢材のメンテナンス方法まとめ~

記事:&Reno
最近流行りの「無垢材」とは? ~フローリングに使用する無垢材のメンテナンス方法まとめ~ 画像
リノベーションや新築工事をご検討の方の中でフローリングに使用する材料に悩んでいませんか?
 
その中で、お洒落なフローリングを夢見て、「無垢材」に興味を持つ方も少なくないでしょう。
「無垢材」にはメリットもあればデメリットも有り、憧れを持っていても結果諦めてしまう、、、なんてことも良く聞く話です。
今回はそんな「無垢材」について解説していきます。
「無垢材」についての知識を付けて憧れを現実にする手助けができればと思います。

無垢材とは

最近流行りの「無垢材」とは?
「無垢材」とは一体なんなのか、知らない方も多いと思います。
「無垢」という言葉の意味は、「汚れていない」「交ざり物のない」「純粋なまま」と直訳されます。
つまり「無垢材」とは、伐採された木をそのまま製材して出されたものを指し、ヒノキの無垢材、杉の無垢材などそれぞれある訳です。

リノベーションや新築工事で取り入れる木質床材には集成材などの基材の上に化粧材を張り付ける複合フローリングと、無垢材を使った単層フローリングがあります。
一般的には複合フローリングが採用されますが、天然木が持つ風合いや肌触りを重視して近年、無垢フローリングが流行っています。
 

無垢材フローリングにするメリット

メリット①木材本来の質感が感じられる
無垢材フローリングのメリットは本物の木材の質感を感じられることにあります。
複合フローロングは寝転んでみてもひんやりとするだけで「木」を感じているとは言えないでしょう。
 
メリット②風格がある
長い歳月の経った木材は色合いや艶が格段に良いです。新品の木材にはない「木材」らしさを感じ取ることができます。
 
メリット③湿度を調整してくれる
無垢材の「心地良い」と感じる理由の一つとして湿度調整をしてくれる点にあります。
日本家屋がエアコンが無くても心地いい空間になるのは木材の性質が関係しているんですね。

無垢材フローリングにするデメリット

デメリット①傷がつきやすい
 
複合フローリングの場合、一度傷が付いてしまうと修復が難しいですが、無垢材フローリングの場合、傷が付きやすい代わりに削ることである程度の傷は修復することが出来ます。
デメリット②水に弱い
 
無垢材は基本的に水に弱く、シミになりやすいのが難点です。濡れてしまった場合はすぐにふき取るように心がけましょう。

メンテナンスは塗装が肝!

最近流行りの「無垢材」とは?
無垢材を使用したフローリングの手入れに関しては「塗装」をしてしまうことが一番効率の良い方法と言えます。
目的としては、先ほどデメリットを示した様に「傷つきやすく水に弱い」点を補う為です。無塗装の無垢材フローリングは油分が減っていきカサカサになる原因にもなることがあります。
 
そんな無垢材フローリングですが2種類の塗装方法があるので解説します。
 
○浸透性塗装
木の内部まで浸透することで、木が持つ肌さわりや質感を残しつつも木を守ってくれます。
 
○造膜塗装
木の表面に膜を作るように塗装をします。光沢があり、傷に強い塗装です。膜を張ってしまう為、本来の質感が無くなってしまうのが難点ですが、メンテナンスが面倒な方にはお勧めです。
木の表面に膜を作るように塗装をします。光沢があり、傷に強い塗装です。

塗装した無垢材フローリングのお手入れ方

無垢材のフローリングのメリットとデメリットを解説しましたが、せっかく無垢材フローリングにするならば、木材の良さが活きる「浸透性塗料を施した無垢材フローリング」をお勧めしたいです。では、メンテナンスの手間が掛かる「浸透性塗装を施した無垢材フローリング」をきれいな状態でキープするには、どんなお手入れをしたらよいのでしょうか。

①乾拭きを入念に

普段のお掃除は、掃除機や乾いた雑巾などで掃除をするのが基本です。めんどくさがらずにこまめに掃除しましょう。

②水拭きは1~3か月に1回

水拭きは1ヶ月~3ヶ月に1回程度で十分です。ただし、濡れた状態をそのままにしてはいけません。しっかりと乾拭きを行うことを忘れずに!

再塗装

塗装が痛んで傷ができるようになってきたら、それは「撥水性」が落ちてきた証拠です。塗装については、専用の塗装剤は売られているのでご自身で行うことが可能です。塗装前にはしっかりと掃除機やブラシでフローリング目地の掃除を行ってください。
汚れ落としの際の注意点としては、きれいにしようとして「強アルカリ性の洗剤」を使用してはいけません。木材を傷つけてしまいます。

まとめ

無垢材のフローリングはメリットとデメリットがありますが、使用していくにつれて愛着が湧いてくるものです。新築やリフォームの際には、金額と相談しながら自分らしく生活できるフローリングを選んでみてはいかがでしょうか?